トルコのメタル雑誌が選んだヴォーカリストTOP30

headbang_mag0906.jpg


『BLUE JEAN』なる老舗の音楽雑誌の増刊として07年に創刊されたばかりながら、トルコNo.1のメタル系ロック雑誌である『HEADBANG』が、メタル系ヴォーカリストのランキングを発表しました。

順位は以下の通り。

01. ブルース・ディッキンソン (IRON MAIDEN)
02. ロニー・ジェイムズ・ディオ (元RAINBOW~BLACK SABBATH~DIO, HEAVEN & HELL)
03. ロブ・ハルフォード (JUDAS PRIEST, FIGHT, HALFORD)
04. オジー・オズボーン (元BLACK SABBATH~OZZY OSBOURNE)
05. ジェイムズ・ヘットフィールド (METALLICA)
06. マイク・パットン (元FAITH NO MORE~MR. BUNGLE~FANTOMAS他)
07. セバスチャン・バック (元SKID ROW)
08. クラウス・マイネ (SCORPIONS)
09. ボン・スコット (AC/DC)
10. ブラッキー・ローレス (W.A.S.P.)
11. キング・ダイアモンド (KING DIAMOND, MERCYFUL FATE)
12. サージ・タンキアン (SYSTEM OF A DOWN)
13. イアン・ギラン (DEEP PURPLE, GILLAN)
14. アリス・クーパー (ALICE COOPER)
15. アクセル・ローズ (GUNS N' ROSES)
16. ジェフ・テイト (QUEENSRYCHE)
17. コリー・テイラー (SLIPKNOT, STONE SOUR)
18. エリック・アダムズ (MANOWAR)
19. マイケル・キスク (元HELLOWEEN)
20. レミー・キルミスター (MOTORHEAD)
21. ジョン・オリヴァ (SAVATAGE, JON OLIVA'S PAIN他)
22. マックス・カヴァレラ (元SEPULTURA~SOULFLY, THE CAVALERA CONSPIRACY)
23. ジョナサン・ディヴィス (KORN)
24. フィル・アンセルモ (元PANTERA~DOWN, SUPERJOINT RITUAL)
25. ウド・ダークシュナイダー (元ACCEPT, U.D.O)
26. マイク・ミューア (SUICIDAL TENDENCIES, INFECTIOUS GROOVES他)
27. ブライアン・ジョンソン (AC/DC)
28. デヴィッド・カヴァーデイル (元DEEP PURPLE~WHITESNAKE)
29. ポール・ディアノ (元IRON MAIDEN, KILLERS他)
30. ヨルン・ランデ (元VAGABOND~ARK~MILLENNIUM~MASTERPLAN)


選んだのは同誌で書いているライターさん達だそうなので、言っちゃ悪いですが「独断と偏見」によるランキングです。

しかし、見る人が見れば、なかなか「ワカってる人」が選んだことは明白なランキングで、トルコもあなどれないな、という印象を受けました。

単純な歌唱力ではなく、影響力やフロントマンとしての存在感など、総合的な見地から選んでいると思われ、正直我が国のメタル雑誌で同じ企画をやった場合、ここまでのバランス感が働くかどうか…?

そりゃまあ、細かいことを言えばジェイムズ・ラブリエ(DREAM THEATER)も入っていないのにジョン・オリヴァにポール・ディアノ? とか、アリス・クーパーよりブラッキー・ローレスが上…だと…? とか、納得いかない点も散見されます。

あとおそらく、スティーヴン・タイラー(AEROSMITH)とか、ジョン・ボン・ジョヴィ(BON JOVI)とか、デイヴ・リー・ロス(VAN HALEN)、サミー・ヘイガー(元VAN HALEN)といった、メインストリームな感じの方々は意図的に外されていると思われます。

表紙がHATEBREED、という時点でかなりコアな志向の雑誌であることは予測がつきますしね。

とはいえ、個人的にもメタル界No.1のフロントマンはブルース・ディッキンソンだと思いますし、HR/HM系のヴォーカリストで最も歌唱力に優れていたのは最盛期のロニー・ジェイムズ・ディオだと思います。

そして最も「メタル」を感じさせる声の持ち主はロブ・ハルフォードだと思いますし、メタル界で一番キャラが立っている人物はオジー・オズボーンだと思うので、このランキングの上位はかなり妥当で、そのことがこのランキングへの信頼感を感じさせます。

この豪華なメンツの中で、知名度的には大きく劣るヨルン・ランデをあえてランクインさせているところも、なかなかニクいですね。ワカってるね、ホント。

しかしマイク・パットンが6位とは…。たしかに奇才というべき人だけど、選者によっぽど思い入れの強い人がいたのでしょうか。それともトルコに何かゆかりがあるのかな?

ちなみに、このマイク・パットンは今月カプコンから発売される『バイオニックコマンドー』というゲームで主人公役の声優(!)をやっているそうです。


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=121152

なお、蛇足ながら私が個人的に好きなメタル系ヴォーカリストは…

クラウス・マイネ(SCORPIONS)、ジェフ・スコット・ソート(元YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCE~TALISMAN他)、ティモ・コティペルト(STRATOVARIUS, KOTIPELTO)、トニー・マーティン(元BLACK SABBATH)、ヨラン・エドマン(元MADISON~YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCE~GLORY他)、といったあたりですね(順不同)。

我ながら微妙なメンツだと思います(笑)。
が、それが個人の嗜好というものですよね?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント