屍忌蛇 / DUAL WORLD

sheja02.jpg

当サイトにおける98年の年間ベスト・アルバムは、屍忌蛇のカヴァー・アルバム「STAND PROUD!」でした。

屍忌蛇のことは、たまたまGARGOYLEを聴いていた友人が身近にいたおかげで高校1年生くらいの頃には認知しており、その泣きのフレージングにはすっかりヤられておりました。

その後アニメタルで知名度を上げるわけですが、個人的にギター・ソロが少ないアニメタルでは屍忌蛇の魅力が100%発揮されていたとは思えませんでした。

しかし、その「STAND PROUD!」は、HR/HMクラシックのカヴァー・アルバムながら、随所で屍忌蛇のセンスが炸裂したギター・ソロを聴くことができ、選曲の良さもあって当時、超ヘビーローテーションで聴いていました。

そして本作「DUAL WORLD」は、その「STAND PROUD!」の続編とも言うべき内容のカヴァー・アルバム。

まず、選曲は以下の通り。

01. Nightmare (Original Intro)
02. Banish From Sanctuary (BLIND GUARDIAN)
03. Starlight (ACCEPT)
04. Miracle Man (OZZY OSBOURNE)
05. Carry On (ANGRA)
06. Metal Heart (ACCEPT)
07. Wild Frontier (GARY MOORE)
08. Back To Back (PRETTY MAIDS)
09. Cold Sweat (THIN LIZZY)
10. Painkiller (JUDAS PRIEST)
11. Thundersteel (RIOT)

いや~、ベタベタですね~(だがそれがいい)。

BLIND GUARDIANはともかく、ANGRAみたいな明朗系のメロスピってあんまり屍忌蛇さんは好きそうじゃないので、ちょっと意外でした。

あとはまあ順当というか。前作で「Fast As A Shark」をカヴァーしていたACCEPTを今回あらためて2曲取り上げて偏愛を示してみたり、前作で「Thunder And Lightning」を取り上げていたTHIN LIZZYは、今回「Cold Sweat」で、ははあ、屍忌蛇さんもTHIN LIZZYで一番好きなアルバムは「THUNDER AND LIGHTNING」なんですね、ということを窺わせてみたりと、ファンにとってはいろいろと納得できる選曲です。

アルバムの「締め」をRIOTにするあたりも、前作の流れを汲んでいますね。

ただ、前作は一応(?)メジャー・レーベル(エイベックス)から、アニメタルの仕掛け人である久武頼正氏をプロデューサーに迎えてリリースされた作品だけあって、プロダクションもそれなりだったし、ゲスト・ミュージシャンも豪華でした。

今回は、前作にも参加していたNOV(AION, VOLCANO, 地獄カルテット)に坂本英三(元ANTHEM, ANIMETAL)こそ参加しているものの、あとは屍忌蛇さんの「お友達」関係と思しきいささかマイナーな(失礼)顔ぶれ(蛇足ながら、先日急逝したUNITEDのベーシスト、横山明裕氏も参加している)。

まあ、音楽は名前でプレイするものではないとはいえ、有名になる人というのはやはりそれなりの何かがあるから有名になるわけで、その辺が微妙に、しかし確実に本作のクオリティに影響している感は否めない。

やはり一番のポイントはヴォーカルなんでしょうね。ピーター・クラッセンという謎の(?)外人シンガーが「Carry On」や「Painkiller」という超ハイトーン曲で頑張っていますが、前作の小野正利、森川之雄、二井原実といった顔ぶれの豪華さには及ぶべくもなく。

屍忌蛇さんの泣きのギターは相変わらず冴え渡っていますが、前作でSCORPIONSの「Blackout」のギター・ソロに「荒城の月」のメロディをブチ込む、とか、ジョージ・ウィンストンのピアノ曲をメロデス風にアレンジする、みたいな意外性はなく、ごくストレートというか、失礼な言い方をすれば想定の範囲内というか。

この選曲に惹かれるようなオーセンティックなHR/HMのファン、および屍忌蛇さんのファンには安心して薦められるアルバムですが、前作と比べてしまうと諸手を上げて「最高!」とは絶賛しかねるのが正直な所です。

そして、何より屍忌蛇さんにはオリジナルをやってもらいたい、というのが一番の感想ですかね。もちろんVOLCANOは一応(?)活動しているとはいえ、もっともっと屍忌蛇さんの才能を活かした音楽を生み出してほしいと思います。

それがメロデスでも、正統的なHMでも、様式美HRでも、スタイルは何でもいいので、カヴァーなんぞやっている暇があったら、強烈なオリジナルでノックアウトしてほしい、というのが、かつてVOLCANOのファースト・アルバムにノックアウトされたファンの偽らざる気持ちです。

◆本作のトレーラー映像



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

『STAND PROUD!』はめちゃくちゃ聴きましたねぇ!
このアルバムとHELLOWEENの「COLD SWEAT」のカバーを聴いて
THIN LIZZY買いましたもん(笑)
ひそかに「LONGING」のカバーはお気に入りでした♪

けいおん!のDEATH DEVILというキャラバンドでも屍忌蛇のメロディアスな
ギターが炸裂してましたので、このアルバムもちょっと楽しみです!

出来れば「CARRY ON」辺りは小野正利さんに歌って欲しかったり。

近所のTSUTAYAに入荷リクエストしてみようかな。
(買わないんかい!)

>メガネコアラさん

屍忌蛇はどこでもそれとわかるメロディアスな泣きのプレイを聴かせてくれますね。
「Longing/Love」も、メタルではないとはいえ、元が超名曲ですからね。

大手インディーズではない「自主制作盤」だけに、TSUTAYAもリクエストに応じてくれるかどうか…?