ACCEPTの新作が1位! ドイツのメタル人気が凄い!

ACCEPTのニュー・アルバム「BLIND RAGE」が、本国ドイツのチャートで初登場1位に輝きました。

※ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/accepts-blind-rage-tops-german-chart/

HR/HMの盛んな国と言われるドイツでさえ、これまでチャートの1位を獲得したことがある自国のバンドはSCORPIONSとPOWERWOLFだけで(RAMMSTEINをHR/HMとするなら彼らもですが)、BLIND GUARDIANやEDGUYが2位という惜しい所までたどり着いていたものの、新たに頂点に辿り着いたのはACCEPTでした。新作の貫禄を考えると文句なしですね。

しかし近年のドイツにおけるベテラン・パワー・メタル・バンドの活躍には目を見張るものがあります。

主だった所を列挙するだけでも、以下のような感じ(順不同)。

◆HELLOWEEN:最新作「STRAIGHT OUT OF HELL」(2013)…4位※過去最高位

◆RUNNING WILD:最新作「RESILIENT」(2013)…25位
※過去最高位は前作「SHADOWMAKER」(2012)の12位

◆RAGE:最新作「21」(2012)…27位
※過去最高位は「XIII」(1998)の21位

◆GRAVE DIGGER:最新作「RETURN OF THE REAPER」(2014)…16位※過去最高位

◆AXEL RUDI PELL:最新作「INTO THE STORM」(2014)…5位※過去最高位

◆DORO:最新作「RAISE YOUR FIST」(2012)…16位
※過去最高位は「FORCE MAJEURE」(1989)の5位

◆BLIND GUARDIAN:「AT THE EDGE OF TIME」(2010)…2位※過去最高位

◆GAMMA RAY:「EMPIRE OF THE UNDEAD」(2014)…13位※過去最高位

◆PRIMAL FEAR:「DELIVERING THE BLACK」(2014)…13位※過去最高位

◆EDGUY:「SPACE POLICE」(2014)…2位※過去最高位

EDGUYを除くと、どのバンドも80年代から活動している芸歴(?)30年におよぶ大ベテランにもかかわらず、最新作が過去最高位を記録しているバンドのなんと多いことか。

実際どのバンドも、最新作が最高傑作かどうかはともかく、未だに衰えを感じさせない充実した作品をリリースしているんですよね。

ドイツにはクラフトマンシップ=職人魂があると言われますが、これらのバンドからはまさにパワー・メタル職人の風格を感じます。

ルックスよりもサウンドが重視され、新しさよりも、既存の様式を磨き上げていくことが良しとされる(その価値観の良し悪しはここでは論じない)HR/HMだからこその現象と言えるかもしれません。

齢50代にして商業的成功のピークが来るなんて、ポップ・ミュージックの世界ではなかなかないですよ。

もちろん、近年はCDが売れない時代で、固定票を持っている音楽・バンドだからこその初動一発なチャート成績ではありますが、固定ファン層が離れない音楽的ポテンシャルをキープし続けているドイツのピュア・メタル・バンド群には最大級の敬意を払いたいと思っています。

◆「BLIND RAGE」収録「Stampede」のPV




ドイツ以外の各国のチャートアクションは以下の通り。

フィンランド:1位
チェコ:2位
ハンガリー:2位
スイス:9位
スウェーデン:16位
オーストリア:18位
日本:22位
アメリカ:35位
スペイン:39位
フランス:44位
ベルギー:48位
イギリス:85位
カナダ:114位

全米チャートでも過去最高位を記録。日本のオリコン・チャートでもかなりの健闘と言っていいのではないでしょうか。

※ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/accept-more-blind-rage-first-week-chart-positions/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ACCEPTもPRIMAL FEARもホントに傑作と呼べる作品でしたが、
そんな中GRAVE DIGGERの新作は久しぶりに快作でした♪
輸入盤だけなのがホントに残念!
ぜひ2度目の来日をしてほしいです!
個人的にはもう一度ライブを見たいバンドです(≧▽≦)

そうそう、HELLOWEENも次作が楽しみですね(^^)/

dvd付のバージョンか、Blu-ray付のバージョンかどちらを購入するか悩んでます(苦笑)。

Powerwolfの「PREACHERS OF THE NIGHT」が1位になったチャートはまたこれとは別のチャートなのですか?

シンフォニXラウドパークキャンセルされましたね!(;゚Д゚)!

ブラガの新作が1位とるかと思いきやAcceptが先でしたか。

ここまで好評ですと私も買わなければいけないという使命感にかられますね。
こうやってムーブメントは発生するのでしょうか。

シンフォニーXのキャンセルに関しては心中お察しいたします。
ニューアルバムと代替バンドに期待しましょう……

3作続けて同じプロデューサーで同じ音楽的方向性という捉え方によっては後ろ向きな方法でアルバムを作ってますがどれもすごくいい出来なので今のバンドの状態の良さが分かりますね。僕は再結成以降のアルバムの方が好きなので現編成での曲だけでライブやっても不満無しです。

RAGEってもっと売れてるイメージがあったのでGRAVE DIGGERやRUNNING WILDより売上が下なのはビックリです。メインソングライターが元HELLOWEENとSINNERと格が違う感じだったのでGAMMA RAYとPRIMAL FEARの最高順位が一緒だというのも意外です。

まとめてお返事

>メガネコアラさん
「Return Of The Reaper」、「Hell Funeral」のPVを観て良さそうだと思っていましたが、やっぱり良いですか。

HELLOWEENも新作を制作中みたいですね。
もうかなりの大御所なのに制作ペースが落ちないのが素晴らしいですよね。


>名も無きメタラーさん
私はあまり画質にこだわりがないのでDVDにしました。

POWERWOLF、調べてみたらたしかに最新作が1位を獲っているんですね。ノーマークだったので驚きました。
本文も修正しておきました。教えていただきありがとうございました。


>名も無きメタラーさん
無念としか言いようがありません。


>fantaさん
BLIND GUARDIANは、新作が出れば1位になったかもしれませんが、何しろ出ない(苦笑)。

まあ、SYMPHONY Xが出なくても充分良いメンツなんですけどね。ただ、こうなるとちょっと初日に比べて2日目が見劣りしますね、個人的には。


>B!13さん
今のACCEPTの安定感は素晴らしいですね。
個人的には新曲メインであってもOKながら、押さえるべきクラシックはプレイしてほしいと思っていますが(笑)。

ドイツ本国での人気と、日本での人気にはちょっと温度差があるので、日本人の感覚で見るとこれらのチャート成績はちょっと違和感ありますよね。

今のACCEPT、私はルックスも最高だと思っています(笑)

この成功に刺激を受けて、EDGUYの次を担うジャーマン・メタル新世代が出現しませんかね。遅いくらいですが。

( Д|||)ガーーーン

シンフォニーX来ないのっ( ̄□ ̄;)!!

ラウパに参戦するモチベーションの50パーセントを占めていたのに。

ドリムシ位しか見処を感じられない( ̄~ ̄)ξ。

最近、Fear, and Loathing in Las Vegasにハマっているので、ラウパに参戦してくれないかなぁ。

>METARU DAISUKIさん

たしかに今のACCEPTは、「かっこいいオッサン」ですね。
若い女の子にとってグッド・ルッキンではないかもしれませんが(笑)。

なかなかEDGUYに続く大型新人が出てこないのが、ドイツのパワー・メタル・シーンにおける課題ですね。

>ゆうていさん

SYMPHONY Xに関しては残念ですが、良いバンドばかりですから、観れば楽しめるバンドがいっぱいありますよ。
DREAM THEATERみたいに単独で来日できるバンドより、こういう機会でないとなかなか観られないバンドに注目です。

大拍手

来日公演も大いに盛り上げましょうよ。
この勢いだと、追加公演も組まれるんじゃないですか?
メタル最高~~~!!

ACCEPT

おめでたいですね。
BLIND GUARDIANやEDGUYも続いて欲しい。

BLIND GUARDIANの新作待ち遠しいですね。

>フライヤーズポンタさん

日本で追加公演は難しいかもしれませんが、来日公演に行った人は絶対盛り上がるでしょうね。

>ストラディキャスターさん

どちらのバンドは次こそはいけるんじゃないかという気がしますけどね。
まあ、リリースのタイミングにもよるのでしょうが。

BLIND GUARDIANは、相変わらずインターバル長いですね…。

すいません、変な質問ですが、いつも発売週のチャートを記事にされるのは、マーケティングの業界的にそういうものなのですか?
じわじわ売れていくアルバムとかないのかなあと気になったもので。(でも自分で調べようとはしない横着者ですが、些細な疑問です)

>名も無きメタラーさん

マーケティングとは一切関係ありません。
残念ながら現在のメタルは完全にコア・ファンによる初動買いのみで売上を作っているジャンルで、だいたい2週目にはチャート圏外に消えていくことが多いのです。

まだHR/HMが若いジャンルだった頃には1年がかりでチャートを昇っていくアルバムとか、8週連続で1位を居座るアルバムなんかもあったんですけどね…。
四半世紀くらい前の話ですが(苦笑)。

じわじわ売れる、という意味だと、例えばMETALLICAの「METALLICA」なんかは今でもときどきチャート下位に入ってきたりして売上を伸ばしていますけどね。

よく分かりました。答えて頂いて有り難うございます。
確かに自分も好みのジャンルは発売日チェックして速攻買ってますね(笑)

アクセプトのニューアルバムを、今日、やっと聴きましたよ。
アルバムの内容はよかったと思いますよ。いかにも、このバンドらしいアルバムだと思います。オマケのDVDは時間があるときに観たいと思います。


アクセプトといえば、昔、ウド・ダークシュナイダー在籍時にライヴを観た事があります。
個人的には、ロシアン・ルーレット、メタルハート、レストレス・アンド・ワイルドなどが好きなアルバムでした。



こう言っては申し訳ないが、80年代末期にヴォーカルを交代させて見事に失敗して解散した時の事を、今、思い出すと笑ってしまいますね。このバンドが、あんなアルバムを作ってはいけませんよ。予想通り、それまでのファンはついてきませんでしたね。

>名も無きメタラーさん

どういたしまして。
発売日に速攻で買う熱心なファンばかりで、「なんかちょっと興味あるから聴いてみようかな」というライトなリスナーの層が薄いのがメタルの苦しい所ですね。


>ランディさん

ACCEPTのライブというのは、私がこれまで観てきたライブの中でも最も強力なもののひとつなので、80年代の全盛期のライブをご覧になっているというのは心底羨ましいです。

「EAT THE HEAT」は、後追いで聴いた人間としては「言われてるほど悪くない」と思いましたが、リアルタイムで追いかけてきた人にとってはショックだったのでしょうね…。

確かにリアルタイムだから印象が良くなかった、という事は、あったと思います。
確か、伊藤政則さんのラジオで、このアルバムからの曲を聴いたり、伊藤さんのピュア・ロックで、ビデオクリップを観たりして、バンドの音楽が、これまでとは変わってしまいガッカリしちゃったのかな。結局、CDも買う気になれませんでした。デヴィット・リースというヴォーカリストでしたね。89年の話ですね。まさにメタル・バブルに時代ですね。当時の事を、今、思い出すと懐かしいです。

>ランディさん

89年といえば、日本もメタルも一番バブルだった時代ですね。
私はまだ小学生だったので実感はありませんが…。

25年も前のことですから、懐かしくもなりますよね。