BATTLE BEAST / UNHOLY SAVIOR

battlebeast03.jpg

本サイトでの新譜レビューはやめましたが、特に印象的な新譜についてはこちらのブログで感想書きます。
なお、本サイトでも旧譜のレビューはしばらく(書きたいネタが尽きるまで)続けます。

と、一部誤解されている方がいそうなので一応前書きをした上で本題に入ります。

昨年のLOUD PARKで素晴らしいパフォーマンスを披露し、日本のメタラーの注目度も大きく上がったであろうフィンランドの正統派、BATTLE BEASTのサード・アルバム。

ソリッドでいてキャッチーなギター・リフを軸に、覚えやすいコーラスと、装飾にとどまらないキーボードが楽曲をフック満載に彩るまさにこういうメタルが聴きたかった、こういうメタルが好きなんだよ、と言いたくなる、超80年代型へヴィ・メタル。

デビュー当時にはもう少し往年のACCEPTを思わせる武骨な要素が前面に押し出されていたが、本作ではそうした要素はだいぶ後退し(前作の時点で既に後退していたが)、80年代中期以降のアメリカン・メタルに通じるポップ・センスが目立ってきている。

そのため、アントン(G, Vo)のウド・ダークシュナイダー(元ACCEPT, 現U.D.O)を思わせる「金切声スクリーム」もフィーチュア度も抑えられている。

バラードが#5、#11としっかりと2曲も収められていたり、先行公開された#7「Touch In The Night」が80年代メタルを通り越して80年代ポップに踏み込んでいたりと、これが80年代だったら「売れ線に走った」と硬派なメタル・ファンから非難されたかもしれない。

実際の所は現在でさえ#7「Touch In The Night」が公開されたときには一部のファンの間では物議を醸し、賛否両論があったようだが、アルバム全体を聴けば多少キャッチーになったことについての不満などどうでもよくなるだろう、と思えるだけの説得力が楽曲にある。

前述しましたが、本作はとにかくKeyアレンジが素晴らしくて、中でもパワー・メタリックな#6「Speed And Danger」におけるKeyソロ・パートなんてたまらんですね。今年のベスト・キーボーディストはこのバンドのヤンネ・ビョルクロト氏に決定です。

ボーナス・トラックの#12「Push It To The Limit」と日本盤ボーナス・トラックの#13「Wild Child」はそれぞれカヴァーで、前者は映画『スカーフェイス』のためにジョルジオ・モロダー(ドナ・サマーなどを手掛けたディスコ・サウンドの大御所)が書いた曲で、後者はW.A.S.Pの曲。どちらも80年代ならではの煌びやかさが生かされた好カヴァー。【87点】

◆本作のオフィシャル・サンプラー

こうして20分近くに渡って全曲試聴できるサンプラーが用意されているあたり、本作の楽曲に対する自信を感じますね。

◆本作収録「Madness」のMV



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今までノーチェックでしたが

ジョルジオ・モロダーの「Push It To The Limit」のカバーあるんですか!?明日買ってきます!

「Touch In The Night」も物凄くツボです。こういう音を鳴らしていたBBABHやRECKLESS LOVEが解散したり路線変更していたので、個人的にはありがたい存在です。

>Mark.Nさん

まさか反応する所が「Push It To The Limit」とは(笑)。かなりの80年代フリークですね。

同曲のカヴァーはめっちゃカッコいい仕上がりなので、その曲が目当てであれば迷わず買ってください。満足保証です。

She's a black ninja!・・・ってそれはkunoichiだろ

(Voの見た目から)漂うPERSONZ臭、謎なPV・・・。でも良曲が多くて良いバンドですね。

あっ、本サイトにSilver Mountainのレビューが追加されましたね。
故・チャック・シュルディナー(DEATHのVo/G)も天国で涙を流して喜んでいるかも知れませんね(?)。

関係ない話ばかりですみません。

>HDMさん

PERSONZ臭(笑)。私はブル中野を思い出しましたが、いずれにせよ80年代ですね(笑)。

SILVER MOUNTAIN、個人的にはもちろん好きなのですが、クオリティ的には色々と難のあるバンドなので点数的にはそれほど高く評価できず、チャック・シュルディナーには「お前は何もわかってない」と叱られてしまいそうです(笑)。

タイトル

blogの更新ありがとうございます!

管理人さんの文章が読めるとなぜかホッとします(笑)

書きたいネタが尽きないことを心から願います。

バトルビースト気になっていたんですが、ウドのような金切声という評判でスルーしてました。苦手なんですよね。アクセプトも現体制の方が好きです。

が、買ってみようかな~。グローリーなんとかってバンドも気になっています。

これからも、たまに更新してくださいね。

>black&greenさん

読んでホッとするような癒し系のブログではないと思いますが(笑)、ありがとうございます。

ウドのような金切声は本作ではほとんど目立たなくなっておりますので、サンプラーを聴いて何か感じるものがあればぜひトライしてみてください。

はじめまして!

最近メタラーへの道を歩み始めた高校生です。私の稚拙な文章に暫くお付き合い下さい。
メタルに手を出してみたいと思い、色々と調べていたところ、STRATOVARIUSと巡り会いました。YouTubeで視聴した「Hunting High And Low」があまりにも格好良く、翌日すぐにタワレコにて同曲が収録されているアルバム「Infinite」とパワーメタルの祖であるHELLOWEENの「Keeper Of The Seven Keys Part2」を購入しました。どちらのアルバムも素晴らしい作品であり、最近はこの2枚ばかり聴いています。

そこで質問です。
このままSTRATOVARIUSとHELLOWEENのディスコグラフィを揃えていくのがベターなのでしょうか?
それともBLACK SABBATH、IRON MAIDEN、JUDAS PRIEST等の作品を集めてヘヴィメタルの基礎を学ぶべきなのでしょうか?

>路地裏の少年さん

はじめまして。高校生とはお若いですね。

音楽の聴き方など興味の赴くままでいいと思いますが、「基礎から学ぶ」なんて意識でいると楽しくなくなってしまうので、STRATOVARIUSやHELLOWEENが気に入ったのであればまずはそこを掘り下げた方が満足が得られやすいのではないかと思います。

クラシックに触れるのは、そういう音楽に対する好奇心が押さえられなくなってからでも遅くないと思います。
ましてや今はネット上で色々試聴できますしね。

娯楽として音楽を楽しむのであれば知識がないことも、節操無く聴くことも恥ではありません。あまり難しいことは考えず、自分が気持ちいいと思える音を追求してください。

アドバイスありがとうございます!

まずはMETAL GATEのレビューサイトの方を参考にしながら、
STRATOVARIUSやHELLOWEENを掘り下げてみようと思います。
こちらのブログにも度々お世話になると思うのでよろしくお願いします!

>路地裏の少年さん

こちらこそよろしくお願いします。
ちなみにMETALとGATEの間にスペースは要りません(笑)。

単独ライヴ決定!

書き込み2回目です。BLOGでは初めまして。
来日単独ライヴ決定だそうで、4月7日渋谷CLUB QUATTRO、8日梅田CLUB QUATTRO。
1stから応援していたので嬉しいですが、行けそうにないのがなんとも残念。

>SOWさん

平日なのが厳しいですね。クアトロという会場もあまり好きではないのですが。
とはいえLOUD PARKで観たパフォーマンスも良かったし、新譜も気に入ったので都合がつけば観に行きたいと思います。

タイトル

アントンが脱退のようです・・・。

>HDMさん

BLABBERMOUTH.NETで見ました…。残念です…。
4月の来日公演にも来ないんでしょうね。

いや、ライブよりも次のアルバムの方が心配なのですが。
メインソングライターだっただけに…。

レンタルで聴きました。今回も良作ですね。
80年代のバンドの多くは3rdアルバムが一つの転換点となるケースが多かったのですが、80年代タイプのこのバンドも3rdアルバムで少し間口を広げた印象ですね。
大のお気に入りは「WildChild」ですが。(笑)
私がメタルに入門した84年には30年前の音楽なんて想像もつきませんでした。今はよい時代ですね。

86年前後にいわゆる「売れ線への移行(場合によってはレコード会社主導による)」が勃興し、ロン・ネビソンやらフェアバーンやらが大忙し(大もうけ)したのですが、本作にも露骨なポップ・ダンサブルな曲が加えられ、当時を思い出しました。
三作目で成功を収めたバンドと言えば、
  Bpn Jovi , Europe , Metallica
大御所どころではこんな感じ↓。
Ozzy , Judas , Kiss , Heart , Triumph ,
3作目で路線変更したのは
W.A.S.Pはシリアス路線へ、GreatWhiteはブルース路線へ、Motleyはロックンロール路線へ などなど
そして87年から90年にかけて、HR/ HMバブルが続きました。
Guns , SkidRow , WhiteLion , 以下略。
私は高校~大学が1984~1990だったので、この時代の音楽から離れられません。そのためなかなか新しいバンドを受け入れられないですが、BBはお気に入りです。

さてこの先、BattleBeastはどうなっていくのでしょう。
Youtubeを見る限り、Antonはすでに新バンドを組んで活動しているようですね。



1年半振りにCDを買いました。
といっても DeffendersOfTheFaith30thEdition と SpreadingTheDisease30thEdition なのですが^^;
そうそう、Anthraxも3rdで路線拡大して成功してましたね。

長文、失礼しました。

失礼しますm(._.)m

〉三作目で成功を収めたバンドと言えば、

広瀬編集長大絶賛のQUEENSRYCHE/OPERATION:MINDCRIMEを忘れちゃいけないですぜ旦那。
・・・商業的に成功したのはその次四作目のEMPIREだが。

ゆうていさんへ
そうですね、QUEENSRYCHE もブレイクした時期がありましたね。
私的には もっともHMしているデビューミニアルバムを1stとカウントしていたのです。
私にとって Operation~ は良い曲が何曲かあるなぁ という感想程度で、W,A,S,PのCrimsonIdle、SavatageのStreets も名盤と言われてますが、それらよりもそれらの前作が愛聴盤となっており、つまるところ、私はコンセプトアルバムが苦手ということでしょう。
QUEENSRYCHE は PromicedLand まで毎回作風の変わる挑戦的なバンドでした。(その後は聞いていないのでわかりません)
私の愛聴盤は、RageForOrder で PromicedLand を聞いてさよならしました。

90年代は聞きたい音楽がなく、あちこちのCD屋で視聴しまくっていた記憶があります。そしてジャケ買いで散財した時期でもあります。ですが隠れた名盤が2000年代に再発されたりしてその存在を知り、その年代を中古屋などで掘り返しました。
90年代の日本といえば、ゼロ・コーポと BigInJapanの時代だったと振り返ることができます。もちろんビクターやポニーキャニオン、テイチクなどもの大手HM部門も頑張っていましたが。




adoreさん、METALGATEがちょこちょこ更新されているようですので、リクエスト出しておきます。念入りな調査に裏付けされた的確なレビューを楽しみにしております。

・W.A.S.P/1~3rd
・WhiteLion/Pride(ほとんど一発屋でしたが超名盤です。リマスター再発希望)
・WhiteWolf/1~3nd(80年代ブリティッシュ寄りでウエットなカナダ産メロハーです)

またまた長文で失礼しました。

返信ありがとうございます

Metal88さんへ
私にとって QUEENSRYCHE/OPERATION:MINDCRIMEとは、⑤SPEAK、⑥SPREADING THE DISEASEを聴く為のアルバムであって、愛聴盤は私も前作のRAGE FOR ORDERです。暗くて悲壮感に溢れ、近未来感たっぷりなのが堪らん。全盛期のジェフ・テイトのvocalは完璧だし、捨て曲も無い。
THE WARNINGは好みでは無いので、主にRAGE FOR ORDER~HEAR IN THE NOW FRONTIERを愛聴しています。
HEAR IN THE NOW FRONTIERは不評でしたが、アルバムジャケットが気に入っているのと(笑)⑦Youが好きなのです。アルバムジャケットだけならQ2Kが一番だが。

私がメタルに入門したのは1994年なので、10年も先輩ですね(;^_^A。


>Metal88さん

世が世なら「売れ線に走った」と言われるアルバムですね。
今となっては80年代路線というのは必ずしも売れ線ではないので、単純にメタリックさが薄れたということで賛否両論を呼んでいるようですが。

昔のバンドは3rdあたりで「化ける」かどうかが成功するかどうかのポイントでしたね。
最近のメジャー所属バンドはファースト・アルバムでブレイクしないと即死、みたいな感じなので気の毒です。

87年から90年というのは(私はリアルタイムではありませんが)HR/HMが一番メジャーだった時代ですね。
実体験してみたかったという思いもありつつ、実体験していたら90年代中盤の暗黒時代を耐えられなかったのではないかという気もします(苦笑)。

METALGATE本サイトの方であと何を書くかということは私の中で既にほぼ決まっており、残念ながらリクエストいただいた作品はその中に入っておりません…。

ただ、ブログについては特に予定を決めていないので、それらの作品を取り上げることもあるかもしれません。
その中ではWHITE LIONの「PRIDE」は私も大好きなアルバムです。

>ゆうていさん

私へのコメントではないので私が返信するのは筋違いですが、一応。

QUEENSRYCHEの「OPERATION : MINDCRIME」については、私も最初は「超名盤と聞いていたのになんか地味…。ストーリーも陳腐だし…」と思っていましたが、聴き込むうちにジワジワくる、メタルにしては珍しいタイプの名盤だと思いました。

私も最初は「RAGE FOR ORDER」や「EMPIRE」のほうがインパクト強かったですね。

そして、私もQUEENSRYCHEに関してはデビューEPがファースト扱いですね、次作と音楽性が違うので。

所蔵CD(音楽ソフト)の将来

突然話題を変えて申し訳ありません。

adoreさんやゆうていさん世代が、所有しているCDなどの音楽ソフトについて、この先どうするのかな?と気になったのです。
実は私は今月末で15年続けた自分の会社(兼趣味の部屋)をたたみ、普通のサラリーマンになります。そこでオフィス家具やBGMやBGVに使用していた多数のオーディ機器を処分しています。

さらにさらに。
中学3年から溜め込んだ2000近い音楽ソフトもすべては自宅に持ち帰れません。、どうしても残したいもの以外の LP(150枚以上)、CD(800枚以上)、VHS(約20本)、DVD・BluRay(50枚以上)を売りさばくことになり、3月中はソフトのデジタルデータ化に追われる毎日を過ごしています。特にLPや12インチシングルのMP3化にすでに疲れ果てています。(現時点で残り約50枚 x 46/分枚 = 2300分 = 約38時間)

adoreさん、ゆうていさん、
よろしければ、お考えをお聞かせください。

>Metal88さん

モノとしての音楽の所有・保管については難しい問題ですよね。

現在、私は基本的に一部のモノとしての思い入れが強いものを除くと、CDはリッピングして、定期的に処分するようにしています。

幸い、LPやVHSといったアナログのメディアは所有していない世代なので…。

今でもCDを買っているのは、このサイトやブログで感想を書く際にライナーを参考にしたいのと、ちょっとしたこだわりのようなものがあるだけで、実質的にはCDのようなモノを持つ意味というのはほとんどなくなっているというのが現実だと思います。

とても思い入れの深い一部の音楽を除くと、新しい音楽も次々と出てくる中、今後実際どれだけその音楽を聴き返す機会があるか、それらはネットなどで聴いたり、再度入手することも可能なのではないかと考えると尚更です。

特に、やはり2011年の震災以降、より「モノを持つ意味」については考えるようになりましたね。

どこまでモノにこだわるか、もうこれは価値観の問題なのではなので、私に(まして世代の違う方に)どうこう言うことは難しいのですが…。


BATTLE BEAST / UNHOLY SAVIOR

〉adoreさん

記事に関係無いコメントを長々と書いてしまいすみません。BATTLE BEAST / UNHOLY SAVIOR自体あまり興味は無かったのですが、コメントが面白かったので、つい色々と書いてしまいました。


>Metal88さん

adoreさん同様、私も定期的に処分するようにしています。ソフトのデジタルデータ化に追われる毎日を過ごし、疲れ果てていたら本末転倒だと私は思います。

adoreさん、ゆうていさん、
回答ありがとうございます。

おふたりとも定期的に処分していたのですね。
私は「よっぽどはずれ」以外は基本所蔵タイプでしたので、いま音楽ソフト財産の不良在庫処理に追われている、といったところでしょうか。
私の新入社員の頃の夢は「自分の好きな音楽を聴きながら仕事をする」というささいなもので、当時販売されていた100連奏CDチェンジャーを2段重ねてランダム再生だ~、と妄想していました。なのでCDを処分するとう発想になることはなく、はじめて中古屋に売ったのはたしか「WarriorsOfTheWorld」だったと記憶しています。(初聴でだめ出しして2500円で買った物が約半値で買い取られ、「高いレンタル料だったな」と思ったものです。)
その後、自分の会社(ほぼ一人)を設立することができ、一日中好きなBGMをかけながら、棚に並んだLPやCDをながめて悦に浸っていました。

またまた別件を少し。
私は「メタラー」ではなく「メタルリスナー」です。
ヘッドバンギングやサークルピットなどは問題外で、せいぜい体でリズムをとったり、拍手したり、一緒にコーラスしたりする程度。メタTを初めて買ったのもLP2009(Buurn!のTシャツは買ったことがありますが)。それ以外は2011年頃にRAVENのTシャツを海外サイトから購入したくらいです。
(サークルピットはadoreさんの記事に釣られて^^、ドリス嬢を見に前方の場所を確保していて、その後巻き込まれ、えらい目にありました)
なのでadoreさんのライブレポで、リアルタイムで聞いていないバンドでもライブでヘドバンした、などとあると「ああ、本当にメタラーなんだな、こんなイケてるブログを書く人でも」といつも思ってます。
メタラー度が高いほど、1)前にいると邪魔、2)汗臭い、3)(下手な)コーラスがうるさい、4)LPなどで床に寝るな などとネガティブな感情をもちつつ、一方で「ここまでメタルを愛することができてうらやましいな」と思ったり。最近は後者の思いが強いですね。

また、私がHRHMにはまってから「生粋のメタルリスナーには、二人しか出会ったことがありません。(それぞれ約2年程度の付き合い/恐らく二人ともメタラー未満)

私は不定期営業に入る前のMETALGATEであれば、有料でも読みたい、十分にお金がとれるのでは?と思っていました。
CatsleOfPaganにはまったことや、Magnus好きなところなど、共通点のあるadoreさんには、素性をあかさなくてもよいので、一度お目にかかりたいな、と思ってます。
その前にライブ復帰のリハビリが必要ですが。

Nightwishの来日はこれまで欠かさず参加してきました。
今回はどうしようかなと、検討中です。
adoreさんもすべて参加してますよね。今回は行きますか(いけそうですか)?



またまたまたまた長居してもうしわけありません。

>Metal88さん

「自分の好きな音楽を聴きながら仕事をする」素敵な夢ですね。しかもそれを実現させたなんて尊敬します。
私にとって音楽は仕事とは切り離した単なる趣味なので、そういう意味ではMetal88さんのほうがよっぽど熱い「メタラー」だと思いますよ!(笑)

なお私は聴く音楽の5割をHR/HMが占めている人はヘッドバンギングをしたりメタTを着たりしなくても「メタラー」だと思っています。

そして実際の所私もライブのノリ方などはおとなしい方だと思いますよ。アーティストの呼びかけに対してちゃんとリアクションをするように心がけてはいますが。

まあ、「Fast As A Shark」や「Thundersteel」みたいな曲を聴くと頭を振らずにいられませんけどね!
このブログを昔からお読みであればご存じかもしれませんが、サークル・ピットは一度で懲りました(笑)。

NIGHTWISHについてはちょっと悩んでます。
よっぽど仕事に余裕が出そうなら行こうかと思ってますが、ちょっとしばらく立て込みそうで、IRON MAIDENに行かなくてはならないこともあって、今回は見送るかもしれません。

そうでしたね。メイデンが久しぶりに来るのですね。
SOMEWHERE を最も愛聴している身としては、「なんでSOMEWHERE BACK TOUR」で来てくなかったんだろうと、少し恨めしいです。

メイデンは未体験ですが、ブルースの単独公演(エイドリアン付き!)をO-EASTで見ました。POWERSLAVEとPRISONERをやったのは覚えています。その頃はまだブルースの偉大さに気づいておらず、やんちゃで元気なおっさんだなぁと思いながら、エイドリアンばかり見てました。

ブルース&エイドリアンを間近に見ることが出来た貴重なライブでした。
ちょっと自慢です^^。

>Metal88さん

SOMEWHERE BACK IN TIME TOURでは来日しましたよ。
幕張メッセで私も観ました。

来てくれなかったのはMAIDEN ENGLAND TOURですね。
そして震災で中止になった2011年の公演…。

O-EASTでやったブルース・ディッキンソンの来日公演ってTRIBE OF GYPSIESがサポートだったやつですよね?
私も2列目で観てました(笑)。