EUROPE / WAR OF KINGS

europe10.jpg

前作「BAG OF BONES」発表後、LOUD PARK 13に、「WINGS OF TOMORROW」完全再現の単独公演を含む「KAWASAKI(NAMBA)ROCK CITY Vol.3」への出演と、2回に渡って来日公演を行なった彼らの、再結成後5枚目、通算10枚目となるフル・アルバム。

かなり渋めのブルーズ・ハード・ロックだった前作に比べるとブルーズ臭が薄れているが、70年代のブリティッシュ・ハード・ロックに根差したサウンドであるという点については前々作「LAST LOOK AT EDEN」からの路線を踏襲した作風と言える。

MVも制作されたタイトル曲#1は北欧のヴァイキングをテーマにした曲だが、もちろんヴァイキング・メタルではない(笑)。この曲のリフがアルバム最後の泣きのインスト#12「Vasastan」が終わった後に再登場するが、別にアルバムの冒頭に回帰する…みたいなコンセプトがあるわけではなく、単に収録に当たってカットした部分をシークレット・トラック的に収録しただけとのこと。

#7「Days Of Rock ‘N’ Roll」は、元々88~89年くらいに「The Final Countdown」の続編として書かれたものの、お蔵入りになっていた曲を作り直したものだという。たしかに言われてみるとイントロのオルガン・リフを80年代的なKeyのサウンドにして、シャッフルになっているリズムをギャロップ・ビートに変え、歌メロのキーを変えたらそれっぽい曲になりそうだ。

#9「Rainbow Bridge」は、その名の通り日本のレインボー・ブリッジの景色にインスパイアされて書かれた曲だそうだが、それで入ってくるのがこのアラビアンなテーマ・メロディだとしたら、やはりヨーロッパ人にとっては日本も中国もインドもアラブも「東洋」でひと括りなんだなあ…などと思ってしまったり。

…などといくつか曲の感想などを書いてお茶を濁そうとしてみたものの、やはり解散前と同じだけの枚数をリリースした今、そろそろ言わねばなるまい。

EUROPEというバンド名に期待されるのはヨーロピアンな音楽なんですよ。ブルーズとか、アメリカンな音楽はEUROPEというバンドに求めていないんですよ。クラシカルでドラマティックなハード・ロックを聴かせてほしいんですよ。

もう少し現実的というか具体的な話でいうと、本作で体現されているLED ZEPPELLINやBLACK SABBATHやDEEP PURPLE(の渋い曲)やUFOやTHIN LIZZYみたいなサウンドではなく、RAINBOWの北欧的解釈、みたいな音楽をこそ彼らには望んでいるんですよね。個人的には。RAINBOWの振れ幅であれば初期でも後期でもOKです。

正直ブルージーなハード・ロックなんぞをやられるくらいであれば、まだJOURNEYとかFOREIGNERとか、AOR路線に進んでいただいたほうがマシというか。要はメロディ重視の音楽をやってほしい、これに尽きるんです。ジョーイの歌声もブルージーな曲よりもメロディアスな曲の方が絶対合うと思いますし。

まあ、インタビューなどを読んでも彼らは意図的に80年代的な色を排しているようなので、私が望むようなサウンドを彼らが再び出す日は来ないんでしょうけどね…。

◆本作のタイトル曲「War Of Kings」のMV



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

タイトル

これとは関係ないですが、
Metallicaがルー・リードと組んだ時、
ラーズが
「俺達のバンド名にはmetalが入ってるけど、
メタル以外やって駄目というルールはない。」
と言っていたのを思い出しました。笑

>Loki Holstさん

いや、おっしゃる通りEUROPEというバンド名だからといってヨーロピアンな音楽をやらなくてはならないというわけではないんですけどね(笑)。

タイトル

いつも楽しみに拝見しています。
今回のアルバム、実はとても楽しみにしていました。1月の「Wings Of Tomorrow」完全再現ライブで涙した身としては、もしかしたら少しこの頃の路線に戻ってくれるのでは、もしくは再結成後の色と初期の色を上手く融合してくれるのでは、と期待していました。しかしいざ聴いてみると渋いHRナンバーが続く内容となっていました・・・。もちろん中には、タイトル曲やDays Of Of Rock ‘N’ Rollといったメロディアスな面を感じさせ、お気に入りとなっているナンバーもありましたが、かつて熱狂していた頃のものではなく、やはりさみしさを感じております。
AcceptやPretty Maids、M Schenker、Metallicaなど、途中路線を外しながらも原点に戻り傑作を生み出しているバンドも多いこともあり、やはりEUROPEにも期待をしてしまうのですよね。
「Wings Of Tomorrow」でファンになり、「The Final Countdown」を個人的な名曲№1にしている一ファンとしては、もう一度同じように狂喜乱舞させてほしいものです。
 いろいろなレビューを見ると今のスタイルも受け入れているファンが多いのもわかりますが、私が求めるEUROPEは北欧メタルの祖たりうるドラマチックで透明感溢れる楽曲なのです。
 ごめんなさい、途中から愚痴っぽくなってしまいました。
 今後もよろしくお願いいたします。
 

タイトル

たしかにEUROPEというバンド名でこのサウンドというのは、腑に落ちないですね(笑)
多くの同年代バンドが音楽性を戻しているのにぃ・・・
決して難しいことじゃないと思うんですがね。

あぁ、今のジョーイの歌声で、現代のサウンドで、北欧メタルのオリジナイターの曲が聴きたい。

>りょうさん

いや私も完全に同感です。
今回こそはちょっと期待に応えてくれるんじゃないか? と思っていたんですけどね…(苦笑)。

多くのファンが求めているのが80年代のサウンドであることは間違いないと思いますし、きっとバンドもそういうニーズがあること自体は承知の上で今のサウンドを出しているのでしょう。

うまく「自分たちのやりたいこと」と「ファンが求めるもの」のバランスをとってくれるとありがたいんですけどね…。

>Mark.Nさん

実際の所、今となってはああいう叙情メロディはもう出てこないのかもしれません。
なんとなく若さというか青臭さと表裏一体のセンスのような気もするので。

とはいっても彼らほどのミュージシャンであればある程度意識的に「原点回帰」することもできるとは思いますし、それで成功している例を彼らも見ているはずですから、それでなおやらないというのはよっぽどやりたくないのでしょうね(苦笑)。

同感ですね~。

こんにちは。
セイソクさんのROCK CITYでこちらのPV見てましたら、
うーむ....。となってしまいました。長年やってると、ブルーズをやりたくなる何かがあるのでしょうか。なんか同じようなものから脱皮したいとか??

むかあし、CINDERELLA(ヘア.メタルバンド?に入るのでしょうか。)のデビュー作が大好きで、二作目も期待してましたら、ボーカルいわく、
「今回はブルーズ.アルバムにしたんだ。」というアルバムで、聴いたら
好みではなく、そこから買うのやめてしまいました。
新人が二作目から掛けに出るのもなんでしたが、とりあえずファンが定着してから
冒険してくれと思いました。

EUROPE、次作はどうするかですよね。


>KYさん

まあCINDERELLAは今となってはヘア・メタル路線は「売れるための方便」だったんだな、という気がしますが、EUROPEの場合は単に老成してしまっただけという感じですかね(苦笑)。

EUROPE、次作はどうなるかと思い続けて早10年ですよ(苦笑)。
再結成2作目の「SECRET SOCIETY」は(期待に沿う路線ではなかったにせよ)まあまあ良かったですが…。

こんばんは

現在の音はやはりジョンノーラムの影響が理由なんでしょうね

>名無しのメタラーさん

まあ、それだけではないと思いますが、きっとジョン・ノーラムの意向を尊重した結果としての方向性という感じはすごくしますね…。

タイトル

Rival sonsみたいになりたいのかなという感じですね。
ジョーイがレニー・ウルフ(Kingdom Come)のように歌えればまだいいんですけどね。

>お名前さん

そうなんですよね~。結局ジョーイがこういうサウンドに適性がないことが問題なんですよね。
こういう音楽がサマになる声であればもう少し納得できるような気がするのですが。