KAMELOT / HAVEN

kamelot11.jpg

トミー・カレヴィック(Vo)加入後の第2弾となる通算11作目となるフル・アルバム。

前作「SILVERTHORN」はシンガー交代というデリケートなタイミングの作品だったため、「新入り」であるトミーは意図的にロイ・カーンを意識した歌唱を聴かせていたが、前作が概ね好意的に受け入れられた本作ではもう少し自分の色を出してくるかと思っていた。

しかし、冒頭を飾る#1「Fallen Star」の歌い出しの時点でトミーが本作においても「ロイ・カーンのクローン」としての生き様を選択したことが如実に伝わってくる。そういう意味では、前作同様、危ない橋を渡ることを避けた手堅い作品だ。

前作では「THE BLACK HALO」以降めっきり減退していた明朗なメロディを(恐らく意図的に)復活させており、それは私のような彼らに「メロディック・メタル」を求めているリスナーには好意的に受け止められた。

トミーの歌唱もロイ・カーンに比べるとクセのない歌声なので、よりストレートなメロディック・メタルが映えると思われ、個人的には本格的に「THE FOURTH LEGACY」~「EPICA」時代の路線に回帰してくれれば万々歳だったのだが、残念ながら本作ではより「ダークでメランコリック」な路線が選択された。

とはいえ、前作より全体的にダークな雰囲気が強まり、随所でヘヴィさが強調されているとはいっても、#4のようなメロディック・メタル然とした曲もあるし、アップテンポな楽曲もバランスよく収録されており、アルバムのメリハリは充分。

プロデューサーであるサシャ・ピートの差し金と思われる、クラウディ・ヤンやトーマス・リトケといったAVANTASIAと同じ顔ぶれを揃えた「HAVENコーラス」の導入も、彼らの特色であるシンフォ・アレンジをより重厚にすることに貢献しているし、#5におけるシャルロット・ウェッセルズ(Vo: DELEIN)、#10におけるアリッサ・ホワイト=グルーズ(Vo: ARCH ENEMY)といったゲストの起用も効いている。

らしさと新機軸が巧みなバランスで構築され、他のバンドの追随を許さないKAMELOTならではのドラマティックなメタル・ワールドを描き出す完成度の高いアルバムだが、メロディック・メタルとしてはいささかヘヴィな要素が強すぎて「わかりやすさ」に欠け、かといってダークなドラマに浸らせるという意味ではトミーのVoにカーンのような妖気が不足しているためにちと中庸な感があって、これまでのカタログと比して突き抜けた傑作としての手応えを感じられないのがもどかしい。

一方で、年々加速度的にCDが売れなくなっている昨今の状況にあって、本作がアメリカで過去最高の売上を記録していることは、長年のファンとしては喜ばしい。チャートアクション的にも、ドイツ(14位)や日本(28位)といった主要国で過去最高位を記録している。【85点】

◆本作収録「Insomnia」のMV




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ラウパに来るという事もあるので必ず買いますが、評価はすごく言い訳でも悪いわけでもないというのは皆一緒みたいですね。
前作の充実度がすごかったので期待しすぎたのでしょうか

まあ先行視聴した曲は良かったのである程度のクオリティを保ってくれれば贅沢は言えないですね

>エメッソンさん

メロディの充実度は前作、アルバムとしてのまとまりは本作、という感じでしょうか。
いずれにせよこの世界観とクオリティが孤高であることは間違いないと思います。

正直それほどフェス向けなバンドだとは思っていないのですが、ラウパでどういう反響を得るか、興味深く見守りたいと思います。