POWERWOLF / BLESSED & POSSESED

powerwolf06.jpg

前作「PREACHERS OF THE NIGHT」が本国ドイツでチャートのNo.1に輝いた、今最もホットなドイツのメタル・バンドの通算6作目のアルバムにして日本デビュー作。なぜか「狂気崇拝」というLOUDNESSみたいな邦題が付いています。

ドイツのチャートで1位って、HR/HMが強いとされるあの国でも他にはSCORPIONSとACCEPTしか獲ったことないですからね。そんなバンドが6枚目になるまで日本デビューできなかったというあたり、日本におけるメタルの状況が悪化していることを痛感させられます。

ゴシック・メタルとかブラック・メタルといった、欧州では人気のあるメタルのサブジャンルについて、なかなか日本ではその人気や認知が追い付かない状況で、メロディック・パワー・メタル系だけはかろうじてフォローできているか…? という感じだったのですが、ここ数年、その手のサウンドでさえ落伍しつつあるのが現状です。

このPOWERWOLFの音楽性はメロディックでドラマティック、速い曲もちゃんとやってる、かつての日本だったら青田買い間違いなしのサウンドなのですから、もうこの手の音ですら日本盤出すのに慎重にならざるを得ない、ということですよね(その割にはもっとB級なバンドがしれっと日本盤出していたりするのですが、その辺は所属レーベルとの契約の問題など、色々と「大人の事情」があるのでしょう)。

まあ、このバンドの場合メンバーのルックスや名前がちょっとイロモノっぽくて、日本の正統派メタル・ファンはそういうイロモノっぽさをあまり好まない傾向があるというのも事実ですし、アートワークも日本のメロディック・パワー・メタル・ファンの好みとはちょっと距離があるので、慎重にならざるを得ない気持ちもわからないではないのですが…。

で、本作の内容ですが、アンセム・タイプのタイトル曲#1からスピード・チューン#2へ、という流れで思わずデジャヴ的なものを感じるほど前作と似た仕上がり。特に私は前作と一緒に買っただけに「双子のアルバム」的な印象を抱いてしまいました。

チャート成績的には前作には及ばず、ドイツのチャートで3位にとどまったのは、ちょっぴりマンネリ感があったのかもしれませんが、もちろん前作が優れたメタル・アルバムだっただけに本作の仕上がりにも隙はない。いや、むしろ楽曲のクオリティだけで言ったら前作以上。全曲捨て曲なしですが、特に#2の疾走曲「Dead Until Dark」からリード・トラックである「Army Of The Night」の流れ、メチャクチャかっこいいんですけど!

本作はデビュー以来の付き合いとなるプロデューサーのフレドリック・ノルドストロームが手掛ける欧州型メロディック・パワー・メタル・サウンドとして洗練の極に達している観があり、もはやこの路線でこれ以上の物が作れるのか? などと思ってしまうほど。

コンセプチュアルなバンドの佇まいから音楽的方向性、本国では大人気なのに日本ではサッパリ、という所まで含めてスウェーデンのSABATONにかなり通じるわけですが、このPOWERWOLFもLOUD PARKに出てもらいたいですねえ。大きいステージでライブが観たいです。

日本盤はIRON MAIDENやBLACK SABBATHのような大御所から、AMON AMARTHの普通声カヴァーに、CHROMING ROSEなどというジャーマン・メタル第一世代感涙のカヴァーまで収録されたカヴァー・アルバム「METALLUM NOSTURM」がカップリングされて1枚分のお値段というお得仕様。これは買いですよ。【88点】

◆本作収録「Army Of The Night」のMV




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

apple music

初めて書き込みます。
こういうジャーマンメタルの行進曲調は何に由来するんでしょうか?
不思議です。
日本のGLAYとかも似ている気がしますが、
ビートルズとかストーンズとかから聴いてきた人には、
「ロックというのはそういうものじゃねえんだ」と馬鹿にされるんですよね…

ところで、Apple Musicは使われてますか?
洋楽をよく聴く人なら、絶対にお得だと思いますよ。
「POWERWOLF? ちょっと聴いてみるか」みたいな場合も
あっさり見つかることがよくありますし。

>お名前さん

曲調については、やはり国民性みたいなものがある程度出るんでしょうね。

黒人的なフィーリングの有無・強弱で難癖をつけてくる人はまあ好みの違いですが、「ビートルズやストーンズの頃から聴いてきた人」がそれらとスタイルが違うというだけでつけてくる難癖はただの老害の戯言なので無視しましょう(笑)。

Apple Musicは一応無料トライアル期間中ですが、「ちょっと聴いてみたい」程度の話ならYouTubeで事足りてしまうこともあり、あんまり使わないかも…という感じです。
好きなアーティストについては今でもCD買いたいですし。

ご無沙汰してます

このバンド気になってたんですよね~。

adoreさんがレビューしたということは、国内版が出てたんですね?

しかも88点ということはこれは買いかな。

>black&greenさん

今回ようやく国内盤が出ましたね。
他人が勝手につける点数を当てにすることはオススメしませんが、そう言っていただけるのは一種の信頼だと思いますのでありがたいお話です。

ぶっちゃけボーナス・ディスクの存在で1点おまけされた感はありますが、それを差し引いても本作は優れた仕上がりだと思いますよ!