NOZOMU WAKAI’S DESTINIA / ANECDOTE OF THE QUEENS

nozomuwakaisdestinia02.jpg

昨年リリースしたデビュー・アルバム「REQUIEM FOR A SCREAM」が『BURRN!』誌で高評価を受け、年間投票ではブライテスト・ホープに選出されたプロジェクトの、前作の続編的な位置づけというミニ・アルバム。

デビュー・アルバムでは森川之雄(ANTHEM)、小野正利(GALNERYUS)、ロブ・ロック(IMPELLITTERI他)が歌っていたが、本作ではその前作でコーラスを務めていたFUKI(元LIGHT BRINGER)と声優歌手である榊原ゆいがメイン・ヴォーカルを務めている。

本作も前作に続き『BURRN!』誌の広瀬編集長に92点という大絶賛を受けているわけだが、冒頭を飾る「Breaking The Fire」を聴いてそれも納得。初期のCONCERT MOONを思わせるスピード・チューンはいかにも広瀬氏好みで、それは即ち「様式系正統派」を好むタイプのHR/HMファン(私です)の好みに合っているということである。ギター・ソロにクラシック(ドヴォルザークの「新世界より」)を挿入してくる所も、やや子供だましではあるが、その手のファンにはツボだろう。

とはいえアルバムを聴き進むと、いわゆる「様式系正統派」を基本路線としつつも、クラシカルなエッセンスが強く出た曲から、80年代スタイルのパワー・バラード、ハード・ロック然とした曲まで、結構バラエティに富んだスタイルを提示している。

楽曲のクオリティはおしなべて高く、寺沢功一(B: 元BLIZARD)や宮脇 “JOE” 知史(Dr: 元44MAGNUM~ZIGGY)といったジャパニーズ・メタル界を代表する歴戦のミュージシャンによるバックの演奏も文句なしだが、あまり強い個性を感じないのは本人が割とバックバンドなど裏方的なキャリアが長かったせいだろうか。好意的に考えれば「(日本のHR/HMファンが考える)王道をプロフェッショナルに追求している」ということかもしれない。

FUKIと榊原ゆいによるヴォーカルは、中途半端な男性日本人ヴォーカリストが歌ってしまったら月並みな「ジャパメタ」になってしまいそうな所を抑止するという意味で効果的に機能しているし、#2「I Miss You」や#3「Love To Love」(このタイトルでマイケル・シェンカー風味丸出しなギター・プレイはあざとすぎる/笑)などは女性が歌っていればこそ魅力が増している、という気がする。

ただ、やはりボーナス・トラックとして収録されている「Breaking The Fire」のロブ・ロック・バージョンを聴いてしまうと、やはりストロングな曲については男性ヴォーカルの方が映えるのかな…という気が。いや、FUKIも充分パワフルで上手なシンガーですが、英語歌唱のストイックなメタル・チューンだと彼女の歌唱の魅力が発揮しきれていない気がします。

でもまあ、「様式系正統派」なんていう日本人にしか通用しないコトバに魅力を感じてしまうタイプのファンであれば「Breaking The Fire」のロブ・ロック・バージョンを聴くためだけでも買う価値があると思います。あとは島さんのように広瀬氏から梯子を外されないといいですね…(苦笑)【81点】

◆本作のトレーラー映像


◆「Breaking The Fire」のリリック・ビデオ


◆「Love To Love」のリリック・ビデオ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 

>あとは島さんのように広瀬氏から梯子を外されないといいですね…(苦笑)
えっ、あんなに推してたのに、そうなんですか!なんとまあ・・・。

期待の若手(?)登場ですね!

いつもながら的確かつ客観的なレビューは素晴らしいですね。
最近のBxxxN!のレビューは高得点連発で信用できないので参考になります。

このアルバム気になっていましたんですが、確かに日本のHMファンにアピールしそうですよね。しかも、「様式系正統派」で尚且つ、良い意味でメジャー感があるのも好印象です。

有名なヴォーカルが唄うことで、クオリティーが上がっていますが、どうしてもメインのバンドのIMPELLITTERIや(休止してますが)LIGHT BRINGERと比べてしまいますね。それで、少し物足りなく感じてしまうのがもったいないですね。次作は無名の実力者を発掘して欲しいですが、マーケティング的に厳しいんですかね?

個人的には、「Love To Love」のような”日本のHMバンドだからできる曲”はかなり気に入ったので、(本人が望む方向ではないかもしれませんが)この方向を強化して欲しいです。

広瀬編集長の件は、そもそも編集長が特定のバンドに過度に肩入れするのは良くないですね。途中からはかえって逆効果になってましたよね。

>HDMさん

最近のCONCERT MOONのB!誌における扱いは、かつての猛プッシュを知る者にとっては何とも言えないものがあります…。

>なっつさん

一時期に比べると高得点連発は控えめになった気がしますけどね。
基本的には特定のバンドに対する偏愛を表現するために創刊された雑誌なので、バランスが気に食わないなら読むな、というのが編集部の基本スタンスでしょう。

非常に量質で、おっしゃる通り「様式系正統派」という一歩間違えると激ダサになりかねない音楽ながら、メジャー感があるのは良いですね。この辺はJ-POP畑やアニソン畑でのキャリアがあることが功を奏しているのかもしれません。

本格的にブレイクを狙うのであればちゃんとしたバンド形式のほうがいいはずなのですが、昨今のマーケット事情、および若井氏が基本的にはソロ志向だとすれば、著名ミュージシャンを迎えてアルバムを制作するほうが売上が読みやすいでしょうね。