FC2ブログ

GYZEがX JAPAN の「Forever Love」やレリゴーのカバー動画を公開している件について

北海道出身のメロディック・デス・メタル・バンド、GYZEが、X JAPANの名バラード「Forever Love」のカバー音源をMV化して公開していました。



パンク風メタル・カバーという謎の説明がなされており、バラードだった原曲がアップテンポになっています。

動画の説明文を見ると、「彼らへのリスペクトと一人でも多くの方にGYZEのスタイルの音楽を認知してもらうために作ってみました」とのことで、ご本人たちとしては、広告業界的な言い方をすると「認知拡大施策」のつもりでカバーをしてみたようです。

まあ最近、YOSHIKI絡みでX JAPANがメディアで話題になることも多いですし、小泉元首相のおかげで「Forever Love」は「紅」と並んで、彼らの楽曲で最も有名なものの一つであることは確かでしょう。

この動画の存在に気付いたのは、たまたまYouTubeの「あなたへのおすすめ」に出てきたからですが、どうやら最近これ以外にもいろいろとカバー音源映像を公開している様子。

まずは、「暑中見舞い」と称して、大ヒット映画『アナと雪の女王』のテーマ・ソングだった「Let It Go」をカバーしている。



まあ、北海道のバンドとして雪と親和性も高いので、と言いたい所ですが、これまたご本人たちとしては認知拡大を狙った「ネタ作り」でしょう。

さらには、先日ロシアで行なわれたサッカーのワールドカップのタイミングに合わせて、ロシア民謡「カチューシャ」のカバーなども公開していたり。



まあ、北海道はある意味ロシアと接していますし…というのはさすがに苦しい、時事ネタに便乗した話題作り。

しかも、この夏のさなかにRyojiがソロ名義でヴィヴァルディの「四季」から「冬」のカバーも披露していたり。



これは一般受けを狙ったというよりはギタリスト受けを狙ったものだと思いますが。

そんな中、先日このブログでも取り上げた「龍吟」を、DRAGONFORCEのVo、マーク・ハドソンが日本語で(!)歌っているバージョンのMVも公開されている。



動画タイトルに「English ver.」とありますが、これ、日本語バージョンですよね…? いや、「英国人が歌っているバージョン」という意味であれば確かに「English ver.」ですが…。

てか、そもそも日本語で歌わせる必要あったんですかね? 楽曲の完成度を損なうだけのような…。

…とまあ、最近やたらとツッコミどころのある動画を次々とアップしている彼ら。

もちろん、状況や立場によって例外はあるにせよ、「動かないよりは動いた方がいい」というのは人間社会における基本。

そういう意味で、彼らのこういうアクションを前向きなものと捉えることは可能でしょう。

しかし、いち広告屋として言わせてもらうと、「順序が違う」。

有名な人が変わったことをやれば、それは話題になります。例えばX JAPANが「Let It Go」をカヴァーしたら、それはかなりの話題になるでしょう。

しかし、ベースとなる認知がない人が変わったことをやっても、普通は誰も興味を持ちません。見ようと思いません。

つまり、

変わったことをやる→話題になる→有名になる

ではなく

有名になる→変わったことをやる→話題になる

なのです。

新垣結衣が変なダンスを踊るから話題になるのです。無名の女の子が変なダンスを踊っても、それは単なる変な子でしかありません。

このことは、先日の「だんご3兄弟」カバー、「めたる3兄弟」がスベった(と、本人たちが思っているかどうかはわかりませんが、少なくとも当初期待していたほどの再生回数には達していないはず)ことで学習していると思っていたのですが…。

たしかにX JAPANが有名になるきっかけは、バラエティ番組に出演するという「変わったこと」でした。ただ、それは圧倒的な人数に観られることが保証された「変わったこと」でした。視聴率が10%を超えるようなテレビ番組でプレイするのであれば、オリジナル曲よりも、「めたる3兄弟」や「Let It Go」や「Forever Love」の方が話題になることでしょう。

しかし、興味のない情報でも届けてしまうプッシュ型のメディアであるテレビと違って、インターネットは基本的にはプル型のメディアなので、せめてTrue Viewやプロモツイートなどで広告しない限り、単に動画を公開しただけでは、既存のファンが見るだけで、新規層は開拓できません。

そして私のような「既存のファン」が望み、広めたいと思うのは、余興のようなカバー動画ではなく、彼らの才能が表現されたオリジナル作品です。

例えば、最新作からのこのMV(リリック・ビデオ?)、これは上記で紹介したどのカバー動画よりも私の心を震わせます。



もちろん私個人はファンなのでカバー動画も楽しみました。ファン・サービスとしてはこういうのもいいと思います。

ただ、もしこれらの動画で新しいファンが獲得できることを期待しているとしたらそれはいささか甘い考えで、新しいファンを開拓したいのであれば、オリジナルで新たな名曲を書くことに邁進し、より多くの人の目に触れる場でライブをすべき、というのが私の意見です。

ネタがネットでバズって通知が止まらん、みたいな話に比べると遠回りな話に聞こえるかもしれませんが、才能のあるバンドにとって実はそれが一番確実な成功への道だと思います。「本業」の時間を削って「ネタの仕込み」をするなどというのは「才能の無駄遣い」以外の何物でもありません。

一介のサラリーマンが彼らのような才能ある若者に言うのもおこがましいのですが、彼らにはイギリスの哲学者、フランシス・ベーコンの「高みに上る人は、皆らせん階段を使う」と、「一番の近道は、たいてい一番悪い道だ」という言葉を贈りたいと思います(えらそうですみません。しかし言わずにはいられませんでした)。

「リリック・ビデオ」について考える

数日前、私がよく見ているamassというニュースサイトで、DEF LEPPARDの1983年の名曲"Photograph"のリリック・ビデオがYouTubeで公開されたことが報じられていました。

説明するまでもないかと思いますが、リリック・ビデオ(Lyric Video)というのは、ミュージック・ビデオ(MV)の一種で、曲の歌唱に合わせて歌詞が出てくる映像です。

基本的にはMVのような撮影映像などは使わずに、モーショングラフィックスとキネティックタイポグラフィのみで制作されることが多く、簡易版のMVという作りのものが多いですが、実写映像やアニメーション、イラストや写真素材、ストップモーションアニメなどを使って下手なMV顔負けのクリエイティビティが発揮された映像もあります。

さかのぼると1987年に今は亡き故プリンスが"The Sign Of The Times"のMVを歌詞のみの映像で制作して話題を呼んでいたようですが、それはあくまでもプリンスならではの実験的な試みという受け止め方をされたため、後に続く者はありませんでした。

そして時は流れて、PCでの映像制作が容易になった2010年代に入ってから散見されるようになり、2013年頃にはHR/HMの界隈でも一般的になっていた映像制作手法です。

いきなり脱線しますが、上記のamassというサイトは運営元がサイト内に明記されておらず、ひょっとすると個人、ないしは数人の仲間で趣味の延長線上で運営しているのではないかと推察しているのですが、拾ってくる情報がかなりニッチなものが多く、どのようにネタを収集しているのか、サイト/ブログ運営者の端くれとして純粋に興味があります。

そしてようやく本題に入ると、DEF LEPPARDがどういう意図で今更"Photograph"のリリック・ビデオを制作したのかは不明ですが、過去の名曲のリリック・ビデオを作るというのはなかなかいいアイディアだなと思ったのがこの文章を書いているきっかけです。

皆さん恐らくご存知の通り、YouTube上には個人が非合法にアップしている(と思われる)、アルバムのジャケットだけを背景に、単に音楽を聴かせるための映像がゴロゴロ存在しています(だんだん規制が強まってはおり、違法動画を見つけるAIなども駆使しての削除も進んでいるようですが)。

曲によってはそれが数百万回、数千万回再生されていることもあり、私自身もしばしばそういう映像で興味がある音源をチェックすることがあるのであまり偉そうには言えないのですが、それはアーティストにとって本来得ることができるはずだった逸失利益です。YouTubeだってかつては再生回数、現在は再生時間に応じて利益還元されるので。

とはいえ、いかに映像を作るコストがひと昔前と比べて下がったとはいえ、ちゃんとしたMV(かつてはビデオクリップ、もしくはプロモーション・ビデオと呼びましたが、もはや死語のようですね)はそんなにポンポン作れません。

いや、クオリティを問わなければ作れますが、あまりお粗末なものを作るのはバンドのブランド価値を毀損するので、手間に見合った効果を期待するのであればそれなりにちゃんと作る必要があるでしょう。

しかし、これがリリック・ビデオであれば、身内のスタッフにFinal CutやPremiereといった映像編集ソフト、あるいはシンプルなものであればAfteEffectsを使える人がいれば(人件費と編集用PCの減価償却費を除き)限りなく無料に近いコストで(リリック・ビデオとしては)それなりのクオリティの映像を制作することができます。

違法な音源映像と、公式なリリック・ビデオ、同じ曲で両方アップされていれば、普通の人は公式のものを聴くでしょう。一時期海賊版が横行していた中国などでも、もし公式のものが同じ価格で入手できるなら公式のものを買う、とユーザーは言っていたらしいので(なお、近年ではだいぶ中国でも著作権に対する意識が高まっているようです。やっぱり人は衣食足りて礼節を知るということですね)。

持ち歌の多いアーティストであれば、過去の楽曲を全てリリック・ビデオ化するというのは手間の面から言っても非現実的ですし、SpotifyやApple Musicといったサブスクリプションサービスが主流になりつつある昨今、そのサービスと競合してしまう面もあります(再生に対するリターンが同額以上であればアーティスト的には問題ないかもしれませんが)。

ただ、MVのない人気曲、ライブ定番曲などは間違いなく作っておいたほうがいいと思います。

上記違法アップロード動画への対策という意味以外でも、人気曲の動画がオフィシャルにリリースされたとなればそれ自体がパブリシティとなってファンの間では話題になり、SNS等で拡散されたりする効果が期待できます。

また、最近はライブハウスのような小さいライブ会場でも映像を使うことができたりしますが、リリック・ビデオのクリエイティブによってはそういうステージ演出の材料として使うことも可能です(実際使っている事例をしばしば見かけます)。

オーディエンスの立場としても、リリック・ビデオが映されていれば歌詞がわかるので、合唱しやすくなります。この"Photograph"のように英語が全くわからなくても「ふぉーとぐら~」とコーラスできるような曲であればいざ知らず、合唱したいけど歌詞が難しくて憶えられない!という曲も世の中にはいっぱいありますからね(笑)。

オーディエンスが合唱してくれるようになればライブは一層盛り上がる(ように見える)はずなので、アーティストとしてもいい話でしょう。本気でそれを目的にするのであれば、現在のようにリアルタイムで歌詞が出るというよりは、カラオケの映像のように先回りで歌詞を出してもらわないと目が追いつかない可能性はありますが(笑)。

音楽業界の人たちというのは概して新しいテクノロジーやビジネスモデルに対してあまり積極的ではない人が多く(自分たちがやっていることはアートであってビジネスではないという「建前」のもとに不勉強かつ怠惰でいることを正当化しているように見えます)、結果として21世紀以降音楽ビジネスの環境はどんどん悪くなっていったわけですが、こういう小さな取り組みを積み重ねて、アーティストの人たちには才能に見合った収益を得てもらいたいと思います。

先日AMORPHISのトミ・コイヴサーリ(G, Vo)がAMORPHISがツアーの後すぐにアルバム制作に取り掛かって新作をリリースしていることについて、「俺たちは2年間もバハマでオフを取れるほど金持ちじゃない」とインタビューで語っていましたが、小国とはいえ母国フィンランドでチャートNo.1を何度も獲り、世界第3位の音楽マーケットであるドイツでもTOP10にランクインするようなレベルのアーティストが金持ちになれないなんてビジネス環境はあまりヘルシーじゃないと思いますからね。そんな状況だと才能がある人でもミュージシャンになりたがらなくなってしまいます。

さて、この文章はいったい誰に向けて書かれているのか書いた当人でさえ謎なのですが(笑)、amassの記事を見てちょっと考えさせられたので、GWの予定がない日であることをいいことに書いてみました。

上記のロジックに従うと、"Photograph"という曲自体はあまり新たにリリック・ビデオを作る意味は薄い気がしますが(笑)、明確にギター・リフ・オリエンテッドなHR/HMチューンなのに抜群にポップでキャッチー、というマジカルな名曲なので、もし聴いたことがない人がいたらこの機会にぜひ聴いてみてください。




こちらはオリジナルのMV。


このMV、なぜかオフィシャルで公開されたのはつい最近で、恐らく個人がアップした違法(?)動画が2500万回近く視聴されているんですよね。ちょっと前までは1再生あたり0.1円だったので、本来は250万円くらいのバンド収入になったはずなのですが。

昔の曲のリリック・ビデオと作るもう一つの意味として、オリジナルのMVがあまりにもダサいのでマトモな映像を作る、というものがあってもおかしくありませんが、この"Photograph"の場合は、時代は感じさせるものの、後追いの私が観てもカッコいいと思えるので(若い人がどう感じるかはわかりませんが…)、そういう意味でもわざわざリリック・ビデオを作る意味は薄いような気がします。

「Gods Of War」とか「Die Hard Hunter」みたいなMVのない名曲で作ってくれれば…と思いつつ、この辺のドラマティック系の曲で映像作るならやっぱり普通にMV作ってほしいかな(笑)。

2017年 印象に残った5枚

早いもので2017年も終わってしまいます。
ということで恒例のアレを。順番は順位ではなく思いついた順です(つまり限りなく順位に近いんじゃ…ってのは言いっこなしです/笑)。

beastinblack01.jpg
BEAST IN BLACK / BERSERKER
フック満載の秀曲揃い。解雇されたアントンには悪いが、BATTLE BEASTの新譜も悪くなかったし、ファンにとっては分裂は楽しみが2倍状態です。
この1曲:"Blind And Frozen"
レビューはこちら

archenemy10.jpg
ARCH ENEMY / WILL TO POWER
古典的なHR/HMとエクストリーム・メタルの魅力を完璧なバランスで融合した、彼らにしか作れない激音。
この1曲:"The Race"
レビューはこちら

serenityinmurder03.jpg
SERENITY IN MURDER / THE ECLIPSE
やはり日本のバンドだからなんですかねえ、ここまで琴線に触れるのは。今年一番泣けた名盤。
この1曲:"Land Of Rising Sun"
レビューはこちら

galneryus13.jpg
GALNERYUS / ULTIMATE SACRIFICE
10作目を超えてなお衰えるどころか充実を重ね、もはやジャパニーズ・メタルの王者としての風格さえ感じる一枚。
この1曲:"Ultimate Sacrifice"
レビューはこちら

serenity06.jpg
SERENITY / LIONHEART
勇壮にして壮麗、彼らにはもっと評価されてもらいたい。
この1曲:"Eternal Victory"
レビューはこちら

今年は当たり年でしたね。ここ数年でかつてないほど高得点をつけたくなるアルバムにたくさん出会えました。

楽曲については、上記で触れたもの以外で印象に残っているのは下記の5曲ですね。

・ONE DESIRE / Hurt
・KEE OF HEARTS / The Storm
・KREATOR / Gods Of Violence
・GYZE / Hoskew
・BATTLE BEAST / Beyond The Burning Skies


前回のエントリーでレビューしたTHE DARK ELEMENTの「My Sweet Mystery」も捨てがたい魅力がありました。

それでは皆様よいお年を。

2016年 印象に残った5枚

公私ともにあまりにもめまぐるしく過ぎたために今一つ実感が持てませんが、2016年ももう終わりということで、年間ベスト的なものが様々なサイトで発表されています。

私は昨年同様、大した枚数を聞いていないので、そんなものを選出する資格もないのですが、以下の5枚は今後もちょくちょく聴くことになりそうだなあ、ということで書き留めておきます。

なお、順番は順位ではなくリリース順で、ジャケット画像はAmazonへのリンクになっています。


PRIMAL FEAR / RULEBREAKER
これぞ王道ヘヴィ・メタル。実力的にはもはやメタル・ゴッド。
この1曲:"In Metal We Trust"
レビューはこちら



AVANTASIA / GHOSTLIGHTS
さらに深みと普遍性を増していくトビアス・サメットのソングライティングの妙が光る。
この1曲:Ghostlights
レビューはこちら



MYRATH / LEGACY
まさかアフリカ大陸出身のバンドにハマる日が来るとは思っていませんでした。
この1曲:"Believer"
レビューはこちら



BABYMETAL / METAL RESISTANCE
この1曲:"Amore -蒼星-"
ワールドワイドな成功ぶりも素晴らしいし、個人的にもフジロックと東京ドームで堪能し、思い出になっています。
レビューはこちら



陰陽座 / 迦陵頻伽
もはや作品のクオリティについては世界一信用できるアーティストなのではないかと思わせる一枚。
この1曲:"愛する者よ、死に候え"
レビューはこちら

上記の作品以外でも、このブログでレビューして86点以上つけているタイトルはどれも良いと思っていますし、中でも事前の期待値があまり高くなかった分、SERIOUS BLACKのアルバムは上記に選んでもいいと思うくらい印象が良かったです。

あと、タイミングを逸したのでレビューはしませんでしたがPRETTY MAIDSの新作や、ギリシャの新鋭SUNBURSTなども良かったですね。当ブログではレビュー対象としないようなアグレッシヴなものだとTESTAMENTのアルバムが秀逸でした。

B級メロスピでいうと輸入盤で話題になっており、来月ようやく日本盤リリースが決定したらしいTWILIGHT FORCE、そしてVoが同一人物な東欧のSUNRISEとTITANIUMが印象に残っています。

こうしてみると例年に比べてフィンランド勢で印象に残った作品が少なかったような気がするのは、単にリリースサイクルの問題ですかね。

楽曲については、上記で触れたもの以外で印象に残っているのは下記の5曲ですね。

SUNRISE 「Tower Of Fear」
HAMMERFALL 「Dethrone And Defy」
THE DEFIANTS 「Love And Bullets」
SERIOUS BLACK 「As Long As I'm Alive」
PRIMAL FEAR 「Don’t Say You’ve Never Been Warned」


あと、上記でも触れていますが、今年特筆するならMYRATHの「Believer」はクラウドファンディング(要はファンからのカンパですね)で制作したMV含めて、今年一番インパクトがありました。



それでは皆様良い年をお迎えください。

6月前半の来日ラッシュがすごい

GAMMA RAYの来日公演が発表されましたね。

◆6月10日(火)東京:TSUTAYA O-EAST
◆6月11日(水)東京:TSUTAYA O-EAST
◆6月12日(木)名古屋:ボトムライン
◆6月14日(土)大阪:梅田クラブクアトロ

http://ameblo.jp/tokyoonkyorock/entry-11825610833.html

ここで元GAMMA RAYのVo、ラルフ・シーパースのいるPRIMAL FEARの来日公演の日程を確認してみましょう。

◆6月3日(火)東京:TSUTAYA O-EAST
◆6月4日(水)名古屋:ボトムライン
◆6月5日(木)大阪:梅田クラブクアトロ

http://ameblo.jp/tokyoonkyorock/entry-11761172153.html

なんと、前の週ではありませんか。

そして(GAMMA RAYと)同じ週には12年ぶりに、現名義では初となる来日となるこんなバンドの公演も。

<RHAPSODY OF FIRE 来日公演>

◆6月11日(水)大阪:梅田クラブクアトロ
◆6月12日(木)東京:TSUTAYA O-EAST

http://www.mandicompany.co.jp/pg251.html

うーん、被ってますね~(カイ・ハンセンの頭部とは一切無関係な発言です。誤解なきよう)。

元々GAMMA RAYとRHAPSODY OF FIREは一緒に欧州ツアーを回っているので、スケジュールがシンクロしていて当たり前なのですが、だったら日本でも一緒にやってくれよ、と(笑)。

とはいえ、2バンドで、ということになると、どちらかが前座扱いになって(キャリアを考えるとRHAPSODY OF FIREがそうなるんでしょうね)セットリストが削られることになるので、個々のバンドのファンにとってはそれぞれフルサイズのショウを観られるほうが好ましいとは思いますが。

個人的にはPRIMAL FEARとGAMMA RAYこそ共演にピッタリで、招聘元も同じ東京音協なのだし、何とかならなかったものかという気がします。

ラルフ・シーパース在籍時のGAMMA RAYの人気が高かった日本では、その共演となるとより大きな関心を呼んだと思うのですが。

ま、GAMMA RAYとPRIMAL FEARではファン層は半分以上被っているでしょうし、別々に公演した方が両方に足を運ぶ延べ来場者数は増えて儲かる、ということかと思いますが…。

ただ、さすがに日程が近すぎると思うんですよね。PRIMAL FEAR、GAMMA RAY、RHAPSODY OF FIREが半年とかせめて3か月おきに来日してくれたら全部行く、という人も、さすがに2週間ほどの間にまとめて来られてしまうと、スケジュールや金銭的な問題でどれか切らざるをえないんじゃないかと。

どのバンドもファンは社会人がメインだと思うだけに、全て平日(東京は)というのも厳しいし、スタンディングのライブが立て続くというのも体力的にしんどい。

かく言う私も、新譜の出来や、これまで観たことがあるかどうか、などの判断基準から消去法でPRIMAL FEARだけに絞ろうかと思っています…。

昨年の来日ラッシュも稀に見るものでしたが、今年もかなりの勢いです。音楽は「CDよりライブで稼ぐ」時代になったと言われますが、そういうことなのでしょうか。

同時期には何気にEXTREMEなんかも来日してますしね。嬉しい悲鳴を通り越して、本当に悲鳴を上げる人が出そうです(笑)。