FC2ブログ

2018年 新年ご挨拶

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

2017年は、理屈ではなく素直に「これ良いじゃん」と思える作品が多く、個人的には豊作な年でした。
前エントリーでピックアップしたアーティストは、どれも学生時代に聴いていたら今以上にドハマリしたであろう、素晴らしい作品群だったと思います。

ただ一方で、客観的にはというか、ワールドワイドな音楽ビジネス上においては、2017年のHR/HMはあまり活況だったとは言い難い年だったような気もします。

全米チャートでTOP10に入ったHR/HM系の作品というとQUEEN OF THE STONE AGEの「VILLAINS」(3位)、MASTODONの「EMPEROR OF SAND」(7位)、STONE SOUR「HYDROGRAD」、EVANESCENCE「SYNTHESIS」(8位)くらいで、いずれも過去最高位ではなく、当サイト/ブログの読者的には「そもそもそいつらってHR/HMなん?」という感じのバンドばかりです。

まあ、単純に2016年のMETALLICA、BON JOVI、MEGADETHのような大物アーティストのリリースがなかったから、と言ってしまえばそれまでですが、そういう「リリースの谷間の年」ができてしまう程度の層の厚みしか、もはやHR/HMというジャンルには役者が存在していないというのは一面の事実です。

2000年代以降にデビューしたバンドで、全米TOP10にランクインした実績があるAVENGED SEVENFOLDやFIVE FINGER DEATH PUNCH、MASTDONといったバンド群も、かつてそれこそBON JOVIやMETALLICAが獲得したようなマスな大衆的人気を持っているとは言い難く、あくまで熱心なファンをある程度のボリュームで抱えているだけ、という感じです。

今年話題になった若手バンドとしてはCODE ORANGEやPOWERTRIPなどが挙げられると思いますが、この辺もマニア受けの域を出ず、彼らが今後全米TOP10に入るようなバンドに育つかというと(バンドのポテンシャルの高さとは関係なく、世情的に)甚だ疑問で、2010年代のHR/HMは2000年代よりさらにマニアックな方向に向かっている気がします。

STEREOGUMやPitchfolkといった有名音楽Webメディアでメタルとして高く評価されているバンドの多くは、前世紀に確立された「クラシック・ロック」としてのHR/HMが好きな人間にとってはあまりピンと来ないことが多く、こういう音楽が「メタル」として認知されるようになると、いわゆる『BURRN!』読者的な意味でのHR/HMファンと新世代のファンの間に、かつてそういう「オールド・ウェイブ」なメタル・ファンがNU METALやメタルコアに対して感じた以上の、大きな断絶が生まれる気がしてなりません。

アメリカ、日本に続く世界第3位の音楽市場であるドイツではKREATORがデビューから30年以上の時を経て初のチャートの1位に輝き、ビッグ・イン・ジャパンだと思われていたARCH ENEMYの新譜が3位にランクインするなど、比較的オールド・ファッションな意味でのメタルというジャンル自体が他の音楽マーケットに比べて強い印象ですが、それも結局は熱心なメタル・ファンが発売と同時に購入するからであって、そこから大衆に広がっていく、ということはまずありません。

そういう意味で、このストリーミングを中心とした新しい音楽ビジネスのスキームの中で、HR/HMというのは完全にマニア向けの音楽というポジションに収まってしまったのだと思います。

とはいえ、それはHR/HMに限ったことではなく、一部の現在トレンドな売れ線のサウンドを除くと、ほぼあらゆるジャンルが現在そういう状態になっており、一定以上にディープな要素がある音楽は全てマニア向けの物になっていると言えるでしょう。

レコードやCDというパッケージで音楽を保有していた頃は、お金や保管場所の問題で聴ける音楽が限られ、それが逆に自分の持っている音楽、自分が選んだ音楽への愛着を生んでいましたが、聴きたい音楽がネット環境さえあればいつでもいくらでも聴ける状況では、次から次へと新しい音楽(それは必ずしも最新の音楽を意味せず、その人にとって未知の、過去のカタログも含む)に触れることができてしまいます。

そうなると、あらゆる音楽が良くも悪くもフラットに感じられ、特定のサウンド、アーティストへの偏った思い入れというのが生まれづらくなるのは仕方のないことでしょう。

ある意味それは、変なこだわりを持たずに偏見なしで音楽に向き合えるということにつながりますし、自分が知っている(購入できる)狭い世界に閉じこもることなく新しい音楽に触れることができるという意味で、健康的な状態であるとさえ言えます。

そしてそれはポジティブに考えれば、HR/HMもかつて90年代に受けたような疎外と迫害を受けることなく、フラットに受け入れられる可能性がある、ということだと思いますし、実際、最近の若い人はリアルタイムで80年代、90年代を体験した人に比べ、メタルという音楽に対する偏見は薄いように感じます。

とはいえ、自主的に音楽を深く掘らないような普通の人がHR/HMに興味を持つ「きっかけ」になるような、多くのメディア(SNSなども含む)で注目を集めるようなスターが生まれないことには、永遠にマニアックなままでしょう(そういう意味で、BABYMETALやX JAPANがいる日本はまだマシなのだと思います。真面目な話)。

そんな状況であっても、現時点においては私の好きな音楽(メロディックなHR/HM)は充分に供給されているので、ある意味問題はないのですが、長期的に見れば、HR/HMのファンが減少していくとやはりバンドが食えなくなって供給も細っていくと思いますし、新しいバンドがデビューし、活動していくのも難しくなっていくと思いますので、HR/HMにはもっと人気が出て売れてもらわないと困ります。

こういうHR/HMについてのブログなどをやっていても、「自己満足でやっているだけで、他の人に薦めているわけじゃないよ」というスタンスでレビューなどの文章を書いている方も多く見かけます。というか私自身基本的にはそういうスタンスです。そういうスタンスの方が責任がなくて楽ですからね。

ただ、とはいえ自分の書いた文章がきっかけでそのバンドに興味を持った、メタルがもっと好きになった、という人がいたら嬉しいですし、自分の好きなものが外部の人たちに高く評価されたら誇らしい、と感じる程度には俗物なので、できれば私が好きなタイプのメタルがもっと知られてほしいなあ、と思います。

なんだか書いていて思いのほか話が大きくなってしまったので、パーソナルなレベルに話を戻すと、昨年はACCEPTやDREAM THEATER、EVOKEN FESTなど、観たいライブを仕事の都合などでかなり見逃してしまいました(EVOKEN FESTは単にチケットが取れなかっただけですが)。

今年は既に発表されているだけでも、ARCH ENEMYや、『THUNDERSTEEL』30周年のRIOT、それにMYRATHが出るPAGAN METAL HORDEや、BEAST IN BLACKが出るSUOMI FEST、さらにNOCTURNAL RITESをはじめメロディック・パワー・メタル・ファン垂涎の顔触れが発表されているEVOKEN FESTなど、行きたいライブが目白押し。もちろんHELLOWEENの「PUMPKIN UNITED」ツアーは言わずもがな。

アルバムも、ANGRAをはじめ、昨年より大物感のあるバンドのリリースが多そうな気がします。STRATOVARIUSなんかもそろそろでしょうか。

昨年はサイトの更新に使っていたPC(古いOSでないと動かないサイト作成ソフトを使っています)が壊れたこともあって、本サイトの更新がまったくできませんでしたが、代替機を入手したので、今年はそちらも更新できるといいな、と思っています。

そんなこんなで「ご挨拶」というにはやたらと長くなりましたが、こんな文章を最後まで読んで下さるような方は今年もよろしくお願いいたします。

2017年 新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます(私は喪中ですが)。

2016年はBON JOVIの新作とMETALLICAの新作は順当に全米No.1に輝き、結局アメリカにおいてHR/HMというジャンルを代表する存在とは80年代にデビューし、86年にエポック・メイキングなアルバムを発表したこの二組なのだな、ということをあらためて印象付けられました。

その他MEGADETH(3位)、KILLSWITCH ENGAGE(6位)、VOLBEAT(4位)、DEFTONES(2位)、ROB ZOMBIE(6位)、ANTHRAX(9位)、ALTER BRIDGE(8位)、AVENGED SEVENFOLD(4位)といったあたりが全米TOP10入りしているし、AMON AMARTH(19位)、GOJIRA(24位)、MESHUGGAH(17位)、といったあたりは、その大衆性に乏しい音楽性にもかかわらず確実に支持を獲得していて、アメリカにおけるメタルの支持層は、もはや日本などより世代的にも幅広く、熱量も高そうな気がします。

アンダーグラウンドにおいてはスラッジ/ドゥーム系、ポスト・ブラック系、テクニカル・デス・メタルなどがここ数年マニアたちの評価を得ていますが、これらのシーンで評価されているバンドが「次世代のメタル・ヒーロー」になるかというとそんな感じは全くなく(実際本人たちもそんなものは目指していないだろう)、かといってさらに目新しい動きが生まれているかというとそんな感じもないので、やや停滞感があることは否めません。

ていうか、爆発的な成功を記録したNU METAL以降、「メタル」と名のつく(あるいは「メタル」にカテゴライズされる)音楽で商業的にある程度の実績を出したのはメタルコアくらいのもので、ジェント系のバンドがいくつかそこそこの数字を出しているものの、まあ「コアなファンに支持されている」という域を出ておらず、「メタル」がジャンルとしてよりマニアックな方向に向かっているように映るのが個人的には心配です。

転じて日本を見ると、久方ぶりにIRON MAIDENの来日公演があったし、BABYMETALが日本人アーティストとしてほぼ半世紀ぶりにビルボードTOP40入りを達成するなど、例年に比べればメタルのネタは充実していたほうではないかと思います。

LOUD PARKも、2015年に比べればやや渋めのメンツだったにもかかわらず、充実したパフォーマンスが多く、来場した人たちの満足度はかなり高かったと思われます。個人的にも長年の宿願だったSYMPHONY X と、「一度は観ておきたい最後の大物」だったSCORPIONSを観ることができて大満足でした。

一方、かつて保守派の不評を買いつつも、クリエイティブマンの一種の「チャレンジ」として招聘していたようなモダンなヘヴィ・ロックのアーティストはKNOTFEST/OZZFESTに出る、という流れが定着しつつあり、保守派と革新派の断層が深まっていることをどう捉えるかは難しい所と言えるでしょう。

保守派と革新派は基本的に音楽に対する感性というか、「音楽に何を求めるか」が異なっていると思われるので、はじめから分断したほうがお互いにとって幸せ、という考え方もある一方、「多様化は勢力の拡大・発展につながるが、細分化は勢力の縮小・衰退を招くだけ」という考え方に基づくと、HR/HM的な音楽がよりマニアックなものになり、商業的なパイが小さくなってバンドや関係者が食えなくなっていく、という負のスパイラルを生みかねないと思います。

ただまあ、足元を見ると実は日本の若手には結構いいバンドが育っている気がしますし、昨年優れたアルバムを発表し、LOUD PARKで好演したチュニジアのMYRATHのように、これまでHR/HMとは縁がないと思われていた地域から優れたバンドが登場したりしているので、欧米を中心としたHR/HMの先行きが不透明であっても、HR/HMという音楽自体は世界のどこか、あるいはインターネットによって統合された世界中の好き者たちの間で確実に生き残っていくのかな、という気もします。

このブログ的には、昨年より忙しかった分、ちょっと更新頻度が上がりました。というと意味不明かと思いますが、旅行に行ったりするようなまとまったレジャーの時間が取れなかった分、このブログを更新する程度の時間しか自分の時間がとれなかった、ということです。

ただ、今年は読んで下さる方の参考になるほどの量をこなせない新譜レビューなどより、昨年書いたLAメタルについての文章のような、ブログではなく本サイトに残しておきたいまとまった文章を書くことにその時間を割きたいという気持ちがあり、このブログの更新頻度は下がるかもしれません。

まあ、世界情勢も、日本の社会も、メタル・シーンも、このサイト/ブログも、いろいろと見通しは不透明ですが、今年もゆるゆるマイペースでやっていきますので、お付き合いいただける方は引き続きよろしくお願いいたします。

LAメタルについて書きました

本サイトを久しぶりに更新、LAメタルについての文章を書きました。

というか、LAメタルを飛び越えて、80年代におけるアメリカのHR/HMブーム全体について書いてしまった感じです。

L.A.メタルに始まる、アメリカにおけるHR/HMの栄枯盛衰(本サイトへのリンク)

実際はもっとLAメタル自体にフォーカスした文章にするつもりだったのですが、書いているうちにLAメタルと、その後に訪れるBON JOVIの成功に代表されるHR/HMブームは不可分であることに気付き、結果的には想定していたよりはるかに長い文章になってしまいました。

この長さは、おそらくスクロールバーの長さを見てそっ閉じされるレベルですね。往々にして力を込めて書いた文章ほど読まれないということが起きますが、これはそのケースでしょう。でもいいんです。こんなの自己満足ですから。

それはさておきLAメタル、って2000年代以降にHR/HMを聴き始めた人にとっては最もなじみのないHR/HMサウンドなんじゃないかって気がします。MOTLEY CRUEは別格としても、RATTとかQUIET RIOTなんかを聴くきっかけって殆どないですよね。ましてROUGH CUTTとかKEELとかね。

そして実際、この文章を書くに当たって私も久しぶりにこの手の音にマトモに向き合ったわけですが、正直時代錯誤な音だと感じてしまいました。

良いとか悪いとかそういう次元の話ではなく、今の時代の空気にマッチしないというか。

これはLAメタルに限らず、ある程度以上昔のヒット曲みたいなものに対して感じる共通の感覚なので、そういう意味ではLAメタルという音楽がその時代においてヒットし、その時代の空気とある程度一体化した結果なのかもしれません。

アルバム紹介については際限がないので、セールス実績などである程度「足切り」をせざるを得ませんでした。ゴールド(50万枚)はおろかプラチナム(100万枚)ですら際立っているとはいえない厳しい(というか贅沢な)時代でした。

そのため、BULLET BOYSとかGIUFFRIAとかFASTER PUSSYCATとかDANGEROUS TOYSとかL.A.GUNSとかKIXとかBRITNY FOXとかKINGDOM COMEとかLIONとかHURRICANEとかDANGER DANGERとかTRIXTERとかSTEELHEARTとかTYKETTOとかPRETTY BOY FLOYDなど拾いきれなかったアーティストも多数あります。

一方で、SAIGON KICKとかWARRIOR SOULとか、あの時期にちらほら存在した「オルタナになり損ねたバンド」をちゃんと拾っているのは、なかなかあまり他のサイトやブログでは見かけない「意欲的な取り組み」なのではないかと自負しています(笑)。

もっとも、この辺のバンドに今あらためて聴き返すだけの価値がどれだけあるかというと微妙な所ですが(苦笑)。

とまあ偉そうなことをいいつつ、1992年という、ちょうどこの辺の音楽が「終わった」後にHR/HMを聴き始めた後追いの人間が書いた文章なので、リアルタイムで聴いていた方の実感とは違う部分もあるのだろうと思います。

ただまあ、大学で歴史を学んだ身としては、リアルタイムではなく、あとから俯瞰的に見るからこそ浮かび上がってくる真実みたいなものもあると信じています(だからこそ?『BURRN!』誌も「LAメタルの真実」という懐古記事を延々と続けているのでしょう)。

ということで、リアルタイム組である諸先輩方も、あまり目くじらを立てずにお読みいただけると幸いです。長過ぎてそもそも読んでいられないかもしれませんが(笑)。

◆「L.A.メタルに始まる、アメリカにおけるHR/HMの栄枯盛衰」
http://www.metalgate.jp/C_hairmetal.htm

2016年 新年ご挨拶

あけましておめでとうございます。
予告通り昨年はグッと更新頻度を減らしました。それでも結構読んで下さる方がいて、ありがたい限りです。

音楽に関しては、色々聴いてみるというよりは本当に好きな音楽をじっくり聴く、というスタイルに移行していて、惰性で買っていたようなアーティストについては買うのをやめ、興味本位で買っていたようなアルバムについてはネットでチェックして済ませるようにしています。

音楽で飯を食っているわけではない一般人としてある意味健全になった気がしていますが、こうしてCDは売れなくなっていくのですね(苦笑)。

そんなわけで昨年はちゃんと聴いたアルバムは大してないので(このブログでレビューしたのプラス10枚程度でしょうか)、これも予告通りこれまでのように大袈裟に年間ベストなどを選出したりはしません。

ただ、自分への備忘録を兼ねて、今年よく聴いたアルバム、印象に残った曲をいくつか書き留めておこうと思います。

ランキングではなく思いついた順に書きます。いわゆる順不同です。なおジャケット画像はAmazonへのリンクになっています。


STRATOVARIUS / ETERNAL
これぞ新世代様式美のスタンダードって感じですね。私にはこれが基本です。
レビューはこちら


CAIN'S OFFERING / STORMCLAW
メロディの哀愁が強くて、STRATOVARIUSよりこっちが気に入ったという人も多そう。
レビューはこちら


GALNERYUS / UNDER THE FORCE OF COURAGE
年末に出ただけに印象が鮮烈です。メタルという音楽で描かれる劇的なサーガ。
レビューはこちら


POWERWOLF / BLESSED & POSSESED
ドイツの大人気メタル・バンドがようやくの日本デビュー。さすがのクオリティでした。
レビューはこちら


THOUSAND EYES / ENDLESS NIGHTMARE
このブルータリティと泣きのコンビネーションはもはや世界でもトップクラスでしょう。
レビューはこちら


GYZE / BLACK BRIDE
かつてCHILDREN OF BODOMに期待していたものがここに実現しつつある。
レビューはこちら


BATTLE BEAST / UNHOLY SAVIOR
賛否両論ですが、この80年代風味全開のサウンドは個人的にツボです。
レビューはこちら


二代目アニメタル / ANIMETAL THE SECOND
意外とハマリました。アクエリオンとエヴァの曲が特に好きです。
レビューはこちら

上記に挙げたアルバムはどれも良い曲ばかりでいちいちキラー・チューンを抜き出すのも野暮なので、以下は上記で挙げたアルバム以外で印象に残った曲です。


MAGNUS KARLSSON’S FREEFALL / Never Look Away
4月にSKID ROW に加入し、早くも年末には脱退してしまったトニー・ハーネルが歌う、青春系メロディアス・ハード(なんだそりゃ)の名曲。
この曲の素晴らしさを力説したくてあえてアルバムを選ばなかったという側面は確実にあります。


PRAYING MANTIS / The One
トロイ兄弟以外のメンバーが作ったAORナンバーだが、暖かみのある哀愁がすごくツボ。


NOZOMU WAKAI’S DESTINIA / Breaking The Fire
Fukiが歌うバージョンも良いが、やはりロブ・ロックが歌うバージョンが全盛期のIMPELLITTERIを彷彿させて熱い。


KAMELOT / Veil Of Elysium
アルバムで聴いたときはそれほどでもなかったが、LOUD PARK 15でライブを観てあまりの劇的なカッコよさに悶絶しました。


GLORYHAMMER / Universe On Fire
誰かこの曲の振付考えてください。そして来日した暁にはみんなで踊りましょう。

なんだかアルバムもチューンも中途半端な数ですが、無理して思い出して数合わせしてもしょうがないので、パッと思いつくものだけを書き出しました。

世の中一般のメタラー的にはIRON MAIDENの新作なんでしょうし、海外のメディアだとDEAFHEAVEN、BARONESS、TRIBULATIONあたりが持ち上げられていた感じで、いずれもチェックはしましたがここで選びたくなるほどにはハマりませんでした。

それでは今年も皆さんにとって良いメタルに出会える年になりますように。

NWOBHMについて書きました

いやー、最近めちゃめちゃ暑いですね。先週末から急激に暑くなってたまりません(東京以外の人はどうかわかりませんが…)。

そんな中、本サイトにこの天気に負けない暑苦しい文章を書いてしまいました。

NWOBHM~すべてはここから始まった~」(本サイトへのリンク)

本文に書いた通り、ヘヴィ・メタルにとって最重要のムーヴメントなわけですが、このサイトやブログにおいてはほとんど触れてきませんでした。

それは単純に私があまりNWOBHMのバンドの音楽に親しんでいなかった、ありていに言えばちょっと古臭くてB級だと思っていたからです(IRON MAIDENとDEF LEPPARDはやはり別格ですが)。

しかし、一方でメタル・サイトの端くれとしてNWOBHMについてのコンテンツが皆無というのもさびしいと思い、ここしばらく一念発起してNWOBHMのアルバムを聴きあさり、この文章を書いた次第です。

あらためて聴き返すことでその魅力に気付いた…と言いたい所ですが、正直印象はほぼ変わらず(苦笑)。
やはり私にはHELLOWEENやSTRATOVARIUSの方が肌に合います…なんて言うと『BURRN!』誌の奥野氏のようなNWOBHM至上主義の方には心底馬鹿にされそうですが、自分の嗜好を偽っても仕方がないので。

『BURRN!』誌というと、NWOBHMの動きを受けて『SOUNDS』誌の増刊として創刊された『KERRANG!』をお手本(目標?)にして『MUSIC LIFE』の増刊として創刊されたわけですが、どちらも母体である『SOUNDS』や『MUSIC LIFE』が先に休刊し、本来増刊的な位置づけだった『KERRANG!』や『BURRN!』の方が生き残っている、というのも奇遇な話ですよね。

かの伊藤政則氏も、NWOBHMがなかったら今のように「日本のメタル・ゴッド」などと持ち上げられることも、日本三大ロック評論家の一人、などと呼ばれることも、「夕やけニャンニャン」に出演することもなかったわけですから(『BURRN!』2009年8月号のNWOBHM特集インタビューによると、NWOBHMが起きる直前、音楽ライターをやめてレコード会社に就職しようと思っていたという)、良くも悪しくも日本のメタル・シーンを作ったのもNWOBHM、ということができるでしょう。

でもまあ、NWOBHMについての文章を書き、当時の代表的なHMアルバムを列挙していて思ったのは、やはりこの時期のHR/HMシーンというのは絶好調で名盤ラッシュ、まさに「イケてる音楽」としてジャンル自体が輝き、躍動していた時代だったんだなあ、ということでした。

バンドやアルバムのクオリティは客観的には現代の方が高いと思いますが、今のHR/HMシーンにはこの時期のようにエポックメイキングなアルバムが次々と登場してくるようなエネルギーがない、というのは認めざるをえません。

NWOBHMから30周年も35周年も過ぎてしまった中途半端なタイミングでの記事公開になってしまいましたが、今年は私が把握しているだけでもIRON MAIDEN、DEF LEPPARD、PRAYING MANTISにRAVENが新作を発表し、IRON MAIDEN以外の3バンドにいたっては来日公演が決定しているという状況で、ある意味NWOBHMは今年(ちょっとだけ)旬かもしれません(?)。

暑いときには熱いものを食べるのがいいと言いますが、ぜひ渾身の暑苦しい文章をお読みいただけると幸いです。

◆「NWOBHM~すべてはここから始まった」
http://www.metalgate.jp/C_nwobhm.htm