DRAGONFORCE / REACHING INTO INFINITY

dragonforce07.jpg

前作『MAXIMUM OVERLOAD』(2014年)発表後、ライブ作品『IN THE LINE OF FIRE… LARGER THAN LIVE』、ベスト・アルバム『KILLER ELITE : THE HITS, THE HIGH, THE VIDS』を挟んでリリースされた通算7作目、現シンガーであるマーク・ハドソン加入後3作目となるアルバム。

前作『MAXIMUM OVERLOAD』はある種、原点回帰的とも言える「速さへのこだわり」が感じられるアルバムだったが、本作ではこれまで以上に起伏のあるアレンジによって、楽曲単位でも、アルバム単位でも過去最高級にバラエティを感じさせる作品に仕上がっている。これは、ソングライティングのイニシアティブをとったのが(クレジット表記を見る限り)サム・トットマン(G)からフレデリック・ルクレール(B)に移行したことが影響しているのだろうか。

スラッシュ・メタル風の#8「War!」(およびボーナス・トラックの「Evil Dead」や、彼らの楽曲史上最長となる、11分超えの#10「The Edge Of The World」などは本作における「新機軸」の典型的な例といえるだろう。

楽曲がバラエティに富んでいる分「平均BPM」で言えばカタログの中では「遅い」作品になるのではないかと思われるが、アレンジの起伏はむしろスピード・パートの疾走感を増幅する方向で寄与しており、ファンが彼らに求めるものはちゃんと提供されている。

疾走一辺倒の金太郎飴的な印象が後退し、マーク・ハドソンのヴォーカルに力強さと表現力が増したこと、そして前作に引き続いてプロデュースを担当したイェンス・ボグレンによる芯のあるサウンドによって、かつての彼らが「メタル通」を気取る人たちにあげつらわれてきた「軽さ」はだいぶ払拭されている。

とはいえ随所に哀愁を漂わせつつも基本明るくキャッチーなメロディが疾走する、典型的なメロディック・スピード・メタルとしての全体イメージは変わらないので、決して「メタルとはDarkでHeavyでEvilであるべし」と思っているような「硬派なメタラー」に支持されるような音楽ではないと思われるが、何だかんだいってこういう「わかりやすい」サウンドを展開するバンドの存在こそが日本におけるメタルの間口を広げることにつながると私は思っている。

このバンドもARCH ENEMY同様、やや「BIG IN JAPAN」の気がある(他の国で全く売れていないわけではないが)わけだが、そんな状況に対する感謝の意の表現か、日本盤ボーナスは日本のR&RバンドZIGGYの1989年の大ヒット曲「Gloria」のカヴァー。例によってカヴァー曲もスピード・メタル・アレンジにしてしまっているわけだが、サビの一部では日本語で歌う努力も見せている。【85点】

◆本作収録「Ashes Of The Dawn」のMV


◆日本盤ボーナス「Gloria」のカヴァー(Short Ver.)


GYZE / NORTHERN HELL SONG

gyze03.jpg

外資系メジャー「UNIVERSAL Music Japan/Virgin Music」に移籍してリリースされた3作目のフル・アルバム。

前作発表後、CHILDREN OF BODOMのサポートとしての中国ツアー、DRAGONFORCEのサポートとしての台湾公演、ドイツの『SUMMER BREEZE Open Air』、スロバキアの『MORE THAN FEST』への出演を行ない、DIZZY MIZZ LIZZYやSONATA ARCTICA、マイケル・シェンカーやウリ・ジョン・ロートなども所属する欧州のツアー・ブッキング・エージェンシー『DRAGON PRODACTIONS』と契約するなど、デビュー以来の(デビュー・アルバム自体イタリアのレーベルからだった)「海外志向」を着実に実現させ、本作もSENTENCEDやKALMAH、SONATA ARCTICAなどが使用したフィンランドの名門スタジオ『Tico Tico Studio』でミキシングを行ない、さらなる「世界志向」のサウンドに仕上がっている。

とはいえ、彼らの音楽スタイルというのはデビュー時から一貫しており、身も蓋もなく言えば「初期CHILDREN OF BODOMのフォロワー」なのだが、もはや本家自体がそのスタイルを放棄した(恐らくCOB自身、あのスタイルをあのクオリティで新しく再現することは不可能だろう)今、このスタイルを現役で、このクオリティで聴かせてくれるのは彼らくらいのもの。

厳密にいえばKALMAHあたりも今なお近しい音楽スタイルを保っているが、(失礼ながら)彼らにかつてのCHILDREN OF BODOMが持っていたような「華」はなく、その辺の「バンドのアピアランス/存在感のカッコよさ」も含めて、神がかっていた初期CHILDREN OF BODOMの魅力を現代に伝えてくれるのは彼らのみだろう。

すなわち激しく疾走していくリズムに乗って乱舞するかの如く歌い続けるリード・ギターのメロディックなフレーズの数々。この快感指数の高さは半端ではなく、3作目となる本作においてもその煽情力は衰えることがない。

本作では「カムイ(神)」や「シュマリ(狐)」、「ウパシ(雪)」など、アイヌ語を持ったタイトルを持った楽曲を数多く収め、「北海道」という彼らのルーツを表現することによって己のアイデンティティを確立しようという意識も垣間見える。

アルバム・タイトルの「NORTHERN HELL SONG」にある「NORTHERN(北)」というのはもちろん北海道のことを表しているのだろうし、彼らの音楽に多大なインスピレーションを与えたバンドの出身地である北欧にそのイメージを重ねていることも想像に難くない(ひょっとすると、「NORTHERN HELL」という響き自体は日本におけるメロディック・デス・メタルの先達BLOOD STAIN CHILDの『SILENCE OF NORTHERN HELL』にインスパイアされたのかもしれない)。

トリオというバンド編成上、私の好きな「ツイン・リードのハモり」とか「クラシカルなフレーズにおけるキーボードとの掛け合いやユニゾン」みたいなものは(ライブで再現できないからか)あまりフィーチュアされないのが物足りなくはあるのですが、文句なしに今日本で一番カッコいい若手メタル・バンドでしょう。

「海外のメタル・フェスのヘッドライナーになる」という「夢」を掲げ、実際に本作のリリースに先立って欧州で(会場規模こそ小さいものの)30公演を超えるツアーを行なっているという行動力も素晴らしいと思います。こういう「ファンが夢を託し、共有できる」バンドってとても魅力的だと思うし、さらなる飛躍を願ってやみません。

ちなみに私が本作で一番好きな楽曲は#2「Horkew」(アイヌ語における狼であり、そのイメージに託された「狩りの神」のことも指す言葉)なのですが、これ、歌詞カードを見るまでは全然気づきませんでしたが、日本語詞なんですね(笑)。ぜひ歌番組にこの曲で出演して、歌詞テロップと実際に聴こえてくる歌とのギャップで笑いをとってほしいと思います(笑)。【88点】

◆本作収録「The Bloodthirsty Prince」のMV


◆本作収録「Northern Hell Song」のOfficial Video



ANCESTRAL DAWN / SOULDANCE

ancestraldawn01.jpg

南米ペルー出身のメロディック・パワー・メタルのデビュー・アルバム。

ペルーのメロディック・パワー・メタル・バンドというと、2013年にデビューしたNAUTILUZが思い浮かぶが、このバンドの中心人物であるホルヘ・ヒギンソン(B)はかつてそのNAUTILUZのメンバーでもあり、このバンドのヴォーカリストであるホルヘ・セヘルスボルもまたNAUTILUZのメンバーだったということで、ある意味「兄弟バンド」のような観もある。

ただ、2人のNAUTILUZからの脱退は、必ずしも円満なものではなかったようで、『BURRN!』誌のインタビューによると既にわだかまりは解消している、と語っているが、少なくともNAUTILUZに復帰することはなさそうな雰囲気だ。

NAUTILUZはどちらかというと正統派と呼ばれるスタイルに近かったが、このANCESTRAL DAWNはもっとあからさまにメロディック・パワー・メタル寄りのサウンド(とはいえやはりNAUTILUZに似ている、と感じるパートも多い)。

ホルヘ・ヒギンソンはペルーの民俗楽器であるパンフルートにおいても、子供の頃に全国大会で優勝したこともある腕前だったそうで、そのパンフルートの物悲しい調べがアルバムのイントロ#1やインタールード#5などで使用され、基本的に欧州的な音楽であるメロディック・パワー・メタルに母国のアイデンティティを絡めようとしてくるあたり、その姿勢は極めてANGRAに近い。

というか、そのイントロ#1に続く実質的オープニング・チューンの#2「The Traveller」のリフは、ANGRAの「Spread Your Fire」にインスパイアされたものであることが明らかである(苦笑)。ひょっとすると曲名さえかつてエドゥ・ファラスキがANGRA加入以前に在籍していたSYMBOLSの名曲のオマージュかもしれない。

また本作は、彼らの母国ペルーにかつて栄えたインカ文明をモチーフにしたストーリーを持つコンセプト・アルバムだそうで、その辺も含めANGRAの名盤『TEMPLE OF SHADOWS』(2004)を彷彿させる。

本作の特徴のひとつは、ラルフ・シーパース(PRIMAL FEAR)、ヨナス・エイジャート(DRAGONLAND)、マーク・ボールズ(元YNGWIE MALMSTEEN, RING OF FIRE, ROYAL HUNT他)、リック・アルツィ(AT VANCE / MASTERPLAN)、ファビオ・リオーネ(元RHAPSODY OF FIRE, ANGRA)、アマンダ・ソマーヴィルなど、豊富なゲスト・シンガーを迎えていることで、コンセプト・ストーリーを複数のゲスト・シンガーを迎えて描くというアイディアはトビアス・サメット(EDGUY)のAVANTASIAに着想を得たことは間違いないだろう。

いずれのゲストも特にコネなどがあったわけではなく、単に好きなミュージシャンにFacebookのアカウントを通じてコンタクトをとった結果、ゲスト参加を了承してもらえたということで、SNSやインターネットが存在しなかった時代を知る世代としてはあらためて「世界が近くなった」ことを感じさせられる。

NAUTILUZもそうだったが、このバンドも楽曲のクオリティ、演奏力、サウンド・プロダクションといった点で欧州のバンドになんら引けを取っておらず、これはペルーのレベルが高いのか、たまたま人脈的にもつながっているこの2バンドのみが突然変異的な存在なのか、なにぶん情報の少ない国だけに判断がつかないが、「南米のバンドなんてイモなんじゃないの…?」と警戒してしまう人にも安心して薦められる質を備えたバンドであることは間違いない。

パンフルートの導入を除けば音楽的に「このバンドならでは」という個性はまだ感じられないが、メロディック・パワー・メタルのファンであれば一聴の価値がある充実作。【84点】

◆本作収録「Rise Of Ancestor」のLyric Video


◆本作収録「StormHaze」のMV


SERENITY IN MURDER / THE ECLIPSE

serenityinmurder03.jpg

国産シンフォニック・デス・メタル・バンドのサード・フルレンス・アルバム。

前2作は「SPIRITUAL BEAST」からリリースされていたが、本作は「OYSTER BROTHERS RECORDS」なるインディーズ・レーベルからのリリースとなっている。

前作発表後、ドラムのShoheiとキーボードのShuntaroが脱退しており、ドラムにはサポートメンバーとして、モデルとしても活躍するイケメン、Allen(TYRANT OF MARY)が参加してその穴を埋め、キーボード・パートは元々Freddy(G)が書いていたので、特にレコーディングに置いて支障は出なかったようだ。

前作もかなり良かったので期待していたが、これは期待を上回る素晴らしいアルバムだ。

アルバムのオープニングを飾るのは、前作同様壮大な映画かRPGゲームのサウンドトラックを思わせるインストで、そこで高められた期待感を受け継ぐイントロを持つ#2「A Torch For Avengers」からして本作のエッセンスを濃縮した強力な一撃。

Emi(Vo)の日本人女性とはとても信じられない強烈な咆哮と共にブラストめいたドラムが激しく炸裂した瞬間に一気にテンションがブチ上がる。Aパートでヘヴィにスローダウンして、Bパートで再び加速、そこから和音階の登場するメロウなパートを聴かせ、そしてヘヴィなリフがしばらく刻まれた後、メロディックかつスリリングなギター・ソロ・パートへ突入し、その後は劇的極まりないエンディング・パートへ、という繰り返しなんて全然ない贅沢な構成の1曲である。

この緩急のメリハリが効いたドラマティックな構成はこの曲に限らず全ての楽曲に適用され、さらにはアルバム全体にも同じことがいえる。

シンフォニック・デス・メタルというと、かなりメロメロな、人によっては軟弱と感じられるようなバンドも存在するが、このバンドの場合、美しいシンフォ・アレンジをまとっていようとも、決してエッジとアグレッションを忘れることがなく、緊張感に満ちているのが非凡な所。

それでいて、決してノーマル・ヴォイスで歌っているわけではなく、アップテンポなパートや、2バスがベタ踏みされているようなパートさえ含まれているのにバラード的な印象を与える感動的な#7「The Sea Is…」(何となくV系バンドの曲名っぽい?)、などが程よく緊張感を緩和しつつ、ダンサブルな要素も取り入れ、キャッチーさのある#10「Dreamfall」のような楽曲が存在するなど、この手のバンドとしては珍しいほどに楽曲もバリエーション豊か。

そして楽曲には充分なバラエティが存在しているにもかかわらず、アルバムを通じて一貫した「哀しみ」がヒシヒシと伝わってくる。これが強烈で、まだ自分にこんな感情の熱量が残っていたのかとちょっと驚かされるほど聴いていて込み上げてくるものがある。

この音楽があれば、壇ノ浦の戦いのける平家方、大坂夏の陣における大坂方のように、「負けたら後がない、そして勝てる見込みはほとんどない」絶望的な戦いにさえ誇り高く勇敢に臨むことができるのではないかという気さえする。

実質的ラスト・ナンバー(アルバムのエンディング曲#12「The Eclipse」はインスト)である「Land Of The Rising Sun」が、これまた「和」を感じさせるオリエンタルな要素がフィーチュアされた名曲で、愛国心(?)が刺激される。切なさに満ちた「Dreamfall」からこの曲への流れはまさにハイライト、クライマックスといえよう。

5分を超える楽曲は存在せず、アルバムトータルでも40分程度と非常にコンパクトながら、それでいてアルバムを通して聴くと壮大な映画を観終えたかのような感覚が得られるのだから、「ドラマを描くのに尺の長さは必ずしも必要ない」ということをあらためて教えてくれる作品でもある。

バンド名が覚えにくかったり、アルバムのアートワークが毎回カッコよくもちょっと地味だったり、プロモーションの弱さ、あるいはPR戦略の問題か、メンバーのキャラクターが今ひとつ伝わってこなかったりと、「見せ方」の問題で色々損をしている気がするが、GYZEやTHOUSAND EYESといった同世代の同系バンドはもちろん、世界的に見ても現在これだけの煽情力を持つメタル・バンドはそうはいないと思わせる強力盤である。これがバンドにとって最高傑作でないとしたら、逆に空恐ろしい。【89点】

◆本作収録「Dancing Flames」のオフィシャル・オーディオ


◆本作収録「Land Of Rising Sun」のオフィシャル・オーディオ


ONE DESIRE / ONE DESIRE

onedesire01.jpg

2012年にドラマーのオッシ・シヴラによって結成されたODというプロジェクトを母体にスタートした、もはやメロディアス系バンドの総本山というべき『Frontiers Records』がパワー・プッシュをかけている新バンドのデビュー作。

2014年にオッシ・シヴラが、かつてNEGATIVEやSTURM UND DRANGなどのプロデューサーを務めていたギタリストのジミー・ウェスターランドと出会って制作し、インターネット上に公開した3曲のデモが『Frontiers Records』のオーナーであるセラフィノ・ペルジーノの目に留まったことで道が開けた。

そして、そのセラフィノからもっと強力なヴォーカリスト(当時はダン・ヴァスクなるブラジル人シンガーが歌っていた)を入れることを勧められ、かつてジミー・ウェスターランドが手掛けたSTURM UND DRANGのアンドレ・リンマンが加入することになったという。

アンドレ加入後、バンド名をONE DESIREに改名して本格的に活動を開始するにあたり、それまであくまで裏方的に関わっていたジミー・ウェスターランドがギタリストとして正式に加入、また、CAIN’S OFFERINGのヨナス・クールバーグ(B)が参加してバンドのラインナップが完成、晴れて『Frontiers Records』との契約も成立した。

作曲にはその『Frontiers Records』が擁するソングライター・チームや、ジミー・ウェスターランドの人脈も関わり、クオリティの高い楽曲を揃えてきている。

特に冒頭を飾る#1「Hurt」はジミーと、CRASH THE SYSTEMのメンバーとしても知られる『Frontiers Records』お抱えソングライターの一人、ソーレン・クロンクヴィストと、そしてフィンランドで活動中のノルウェー人ソングライター、ゲイル・ローニンの3人で共作したナンバーで、80年代の歌謡曲を思わせる珠玉の哀愁ナンバーに仕上がっている。これは個人的に今年のベスト・チューン有力候補のキラー・チューンっすわ。

続く#2「Apologize」はECLIPSEのエリック・モーテンセンと、これまた『Frontiers Records』からリリースされたアルバムをよく聴いている方にはおなじみであろうスウェーデン人ソングライターのヨハン・ベッカーが共作した曲で、これまた北欧然とした哀愁が魅力のナンバーに仕上がっている。

Voのアンドレ・リンマンが一人で手掛けた#3「Love Injection」や#6「Straight Through The Heart」といったナンバーは、STRUM UND DRANGのラスト(?)・アルバム「GRADUATION DAY」に通じるモダンなポップ・フィーリングと80年代的なセンスが絶妙に融合した楽曲で、HR/HM色は薄いが、アンドレがソングライターとしても確かな実力を備えていることを示している。しかしアンドレ、いいヴォーカリストになったなあ。声質も北欧タイプ(?)だし。

全体的にはHR/HMというよりはAORといった趣の楽曲が大半を占める中、エリック・モーテンセンとヨハン・ベッカー、そしてアンドレも関わった#9「Buried Alive」は唐突にPRETTY MAIDSを思わせるメロディックなパワー・メタル・チューンで異彩を放つが、ECLIPSEもアルバムに1曲はこの手の曲を収録している気がするので、もはや欧州メロディアス・ハード界隈においてはこのタイプの楽曲も「(アルバム収録曲の)幅の内」なのかもしれない。

収録曲を10曲に絞った(日本盤ボーナス・トラックを除く)ことも功を奏し、印象的な楽曲ばかりが揃った素晴らしいデビュー・アルバムに仕上がっている。バンド名やジャケットのアートワークのセンスはいささかアレだし、サウンド・プロダクションを含め、過剰なまでに80年代テイストを漂わせていることをネガティブに受け止める人もいるかもしれないが、この北欧ならではの切なさと哀愁、個人的には大好物なサウンド。【87点】

◆本作収録「Hurt」のMV

もうイントロから名曲の予感しかしません。