KAMELOT / THE SHADOW THEORY

kamelot12.jpg

孤高の暗黒騎士団KAMELOTの、トミー・カレヴィック(Vo : SEVENTH WONDER)加入後3作目となる、通算12作目のアルバム。

本作の制作に先立ち、1997年から約20年に渡って在籍してきたドラマーのケイシー・グリロが本業?であるドラムヘッド・メーカーの仕事に専念するために脱退、代わってFIREWINDで知られるヨハン・ニューンツが加入している。

ケイシー・グリロは素晴らしいパワー・メタル・ドラマーだったので、脱退は惜しまれるが、とりあえずこのスタジオ音源を聴く分にはバンド・サウンドのパワー・ダウンは感じられない。とはいえ、ケイシーはステージ・パフォーマンスの面でも「魅せる」ドラマーだったので、ステージでのヨハンのプレイはオーディエンスに注視されることになるだろう。

本作はコンセプト・アルバムではないものの、著名な心理学者であり精神科医であるユングが提唱した、人間の深層心理における「影の側面」をテーマにした作品とのことで、当然ながら明るい内容ではない。

とはいえ、これまでKAMELOTの作品が明るかった試しなどないわけで、もはや「KAMELOT節」とでも呼ぶべき力強くも優美、荘厳にして時に邪悪さも垣間見せる、唯一無二のサウンドに一点の曇りもなく、楽曲のクオリティも含め、前作『HAVEN』を順当に受け継いだ内容と感じられる。

女性シンガーをゲストに迎えるのも、もはや彼らの十八番という感じで、ONCE HUMANのローレン・ハートが#2「Phantom Divine (Shadow Empire)」でクリーン・ヴォイスを、#9「Mindfall Remedy」でグロウルを披露、バラードの#6「In Twilight Hours」では、昨年LOUD PARKで来日したBEYOND THE BLACKのジェニファー・ハーベンがトミーとデュエットしている。

プロデューサーがサシャ・ピート(元HEAVENS GATE, AVANTASIA)である縁か、クワイア部隊としてオリヴァー・ハートマンやクラウディ・ヤンといった、「AVANTASIA組」の面子が参加しているのも、この手の音楽のファンにとってはちょっとしたポイント。

それでいて欧州のバンドほどトラディショナルなシンフォニック・メタルに拘泥するわけではなく、時にモダンな要素も大胆に、しかし世界観に合った形で取り入れてみせるセンスは、アメリカのバンドならではなのかもしれない。

しかし相変わらず隙のない作品を送り出してくれたわけですが、ここまで高いレベルでまとまってしまうと、今後これを繰り返す以外に何ができるんだろう…と(余計なお世話ではありますが)ちょっと心配になってしまいます。【86点】





GUS.G "FEARLESS"

gusg03.jpg

FIREWINDのガス・G(G)の3作目となるソロ・アルバム。

前2作ではギタリストのソロ・アルバムらしく(?)、ジェフ・スコット・ソートやエリゼ・リードなど、様々なシンガーがゲスト参加していたが、本作ではデニス・ワード(B, Vo、PINK CREAM 69)とウィル・ハント(Dr、EVANESCENCE)にメンバーを固定して制作されている。

個人的にGUS.Gという人に期待しているのは、かつてFIREWINDやDREAM EVILで聴かせていたような、いわゆる「泣きのギター」なのだが、どうもソロでやろうとしていることはそういう音楽ではないようだ。

MVが作られた#1などはまるでOZZY OSBOURNEの曲みたいだし、過去のソロ・アルバムにもそういう曲が収録されていた。

穿った見方をすれば、OZZY OSBOURNEのために作っていた曲が、OZZY OSBOURNEのバンドを実質解雇された今、発表の場を失ってソロ・アルバムに収録されている、と考えることもできるし、正式に解雇されたわけではない状況を考えると、「オジー、俺はあんたに相応しい曲を書けるぜ」とアピールしているようにも映る。

まあ、彼としても今更オジーが彼をバンドに呼び戻す可能性が低いことは理解していると思うので、どちらかというと「元OZZY OSBOURNEのギタリスト」という肩書に期待される、メジャー感のあるソングライティングの才能と、ギタリストとしての腕前を業界に対してプレゼンテーションしているということなのかもしれない。

EVANESCENCEのドラマーという、アメリカで知名度のあるバンドのメンバーを起用しているのも、そういうアメリカのメジャー・シーンに対するアピールなのかも。

ただ、個人的には彼はちょっと器用貧乏で、優れたギタリストだとは思うのですが、オジーが彼を切って結局ザック・ワイルドを呼び戻したのは故なきことではないという印象を持っています。

本作もギタリストならずとも退屈せずに聴ける(と、思う。私はギターの経験はあるものの、腕前は完全に素人だったので)質の高いHR/HM作ではあるものの、個人的な琴線に触れる瞬間はそれほど多くなかったというのが本音。

個人的には、この人はもうOZZY OSBOURNEのバンドにリクルートされたのは奇跡だったと割り切り、アメリカのメジャー・シーンに対する色気は捨てて、欧州人としてのアイデンティティを磨いた方がブレイクスルーできるのではないかという気がします。

こういう「ポジティブではないレビュー」というのはなるべく控えようとしているのですが、聴いていてちょっと思う所が色々とあったのでつい書いてしまいました。反省しています。【80点】

◆本作収録 "Letting Go" のMV



◆本作収録 "Fearless"のMV


RIOT / ARMOR OF LIGHT

riotv02.jpg

RIOTの創立者にして中心人物だったマーク・リアリ(G)亡き後、彼の意志を受け継いで活動するRIOT V(ライオット・ファイブ)の、”UNLEASH THE FIRE” (2014)に続くセカンド・アルバム。

とはいえ、その”UNLEASH THE FIRE” も日本では当時のレコード会社(AVALON)の意向によって従来通りのRIOT名義となっており、ワードレコーズに移籍した本作でも、日本では継続してRIOT名義となっている。

名義について個人的に思う所はありますが、彼らには少しでも多く売れてほしいのでその辺のマーケティング的な思惑には目をつぶることにします。

そして内容であるが、前作”UNLEASH THE FIRE”から、さらにトニー・ムーア在籍時のパワー・メタル色を強めたかのような作風であり、名盤”THUNDERSTEEL”を愛好する私のようなリスナーに強くアピールする音である。

というか”Thundersteel”そっくりの#3 “Messiah”や、”Dance Of Death”を露骨に想起させる#6 “Heart Of Lion”なんて確信犯にも程があるというか(苦笑)。

いやまあ、カッコいいからいいんですけどね。ただ、このバンドの音楽的な引き出しがそれほど豊かでないことを露呈してしまっているのも一面の事実ではあったり(苦笑)。

ガイ・スペランザ(Vo)が歌っていた70年代の臭いを残す#5 “Burn The Daylight”のような楽曲なども存在する一方で、90年代以降に出現したメタルのエッセンスは皆無。

むろん、このバンドにそんな要素を望んでいるファンはいないと思うが、せめて音作りくらいはもう少し今風であってもよいのでは。アンディ・スニープとかイェンス・ボグレンあたりがプロデュースしてくれれば、よりソリッドでパワフルなパワー・メタル・アルバムに仕上がったと思う。

いずれにせよ、今年3月の来日公演を観た時点で、本作が強力なメタル・アルバムになることは予感しており、その予感というか期待を裏切らない作品に仕上がっていることは確か。

個人的にはオープニング曲はタイトル曲である#7 “Armor Of Light”だったほうがよりインパクトが強まったと思うが、まあ作り手としては#1 “Victory”のイントロのほうがお気に入りだったのでしょう。

アルバムを通じてアグレッシブなパワー・メタル路線に徹した分、メロディの面ではやや一本調子というかあっさりしている感もあるので、そこに不満を覚えるファンもいるかもしれないが、とりあえず私がトッド・マイケル・ホールという希代のハイトーン・ヴォーカリストを得た今の彼らに望む路線がこれであることは間違いない。

前作のボーナス・トラックには”Thundersteel”のライブ音源が収録されていたが、本作では同曲のスタジオ・リメイク音源が収められている。これはこれでむろん悪くないのだが、個人的にはむしろマイク・ディメオ時代の名曲を現在のラインナップで再録してほしいという思いが強い。

マイク・ディメオは下手ではないものの、パワー・メタルにはフィットしないスタイルだったし、当時の作品はサウンド・プロダクションもプアだったので、曲の良さが充分に引き出されていない感もありましたからね。マイク・ディメオ期の再録ベスト、期待しています(誰に言っているのでしょうね?)。

あ、なお、初回限定盤に付いているライブCDは、オマケ的なものであるにもかかわらず、これまで彼らがオフィシャルに発売してきたライブ・アルバムのどれよりも優れていると思います。【87点】





ISSA "RUN WITH THE PACK"

issa05.jpg

デビュー作が『BURRN!』で95点を獲得し、鮮烈な(皮肉です)デビューを飾ったノルウェー人女性シンガーISSAの、いつの間にやら5作目となる新作。

ギターはシモーネ・ムラローニ(DGM)、キーボードはアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(HARDLINE, JORN, VOODOO CIRCLE他)、ベースはアンドレア・トリッチーニ(VISION DIVINE)、ドラムは昨年リリースされたKEE OF HEARTSでプレイしていたマルコ・ディ・サルヴィアなる人物。

近年、本作のリリース元である『Frontiers Music Srl』は以前のような北欧のミュージシャンの起用を減らし、本社がある地元イタリアのミュージシャンを起用する傾向があるが、本作はまさにその典型的な布陣である。

まあ、北欧よりイタリアの方が物価が安いことを考えると、ギャラも安く抑えられるのだろうし、オーナーであるセラフィノ・ペルジーノ氏も英語よりイタリア語でコミュニケーションできる方がニュアンス込みで指示を出しやすいということなのだろう。

そして本作のプロデュースを手掛け、楽曲制作の中心的役割を果たしているアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(Key)は現在の『Frontiers Music Srl』のエースというべき存在で、多くの作品に関わりつつ、その全てで豊かな才能を見せつけてきた。

本作もその例に漏れず、高品質なメロディアス・ハードの秀作に仕上がっており、個人的には話題になったデビュー作以上のクオリティに達していると思う。

80年代フィーリング溢れるキャッチーでメロディアスなナンバーから、メタリックと言っていいほどのハード・エッジな曲、メジャーなスケール感のあるバラードまで、楽曲のクオリティには一分の隙も無く、アレッサンドロ・デル・ヴェッキオの才能の底知れなさには舌を巻く。

しかしむしろ個人的には、なぜこのアイドル崩れのオバさんのアルバムにイタリアの至宝というべきアレッサンドロ・デル・ヴェッキオとシモーネ・ムラローニが投入されるのか、どうも腑に落ちないわけですよ。

ルックスもアイドルとしては大成しなかったのも頷ける微妙さですし(そして白人女性にありがちな加齢に伴う劣化が否めない…)、歌も下手ではないものの、ディーヴァとか呼びたくなるほど上手いわけでもない。そんな彼女にこの2人を付けるのは分不相応にさえ思えてしまう。

いずれにせよ、エース級のスタッフが投入されているということは、レーベルとしてはそれなりに力を入れているということは間違いなく、ということは、彼女を「メロハー・クイーン」に仕立て上げようとしているんでしょうかねえ…。

私は下衆なので、ひょっとすると彼女はセラフィノ・ペルジーノ氏の愛人なんじゃないか、などと勘ぐってしまうわけですが(笑)、まあ、実際の所、HR/HM、特にメロディアス・ハードなんていう時代錯誤な音楽のフィールドに飛び込んできてくれる女性なんてそうはいないというのもまた事実なんでしょうね。いささか悲しいことですが…。

なんかネガティブなことを書いてしまいましたが、当代随一のメロハー職人による、メロディアス・ハードのファンであれば一聴の価値はあるハイクオリティなアルバムです。

#3「Sacrifice Me」には元BAD ENGLISH~HARDLINE~JOURNEYで、現THE DEAD DAISIES、REVOLUTION SAINTSのドラマーとして知られるディーン・カストロノヴォがヴォーカリストとしてゲスト参加し、ISSAとデュエットしています。

ドラマーとはいえ、彼がそんじょそこらの専業ヴォーカリストよりはるかに歌が上手いことはディーン在籍時のJOURNEYのライブを観たことがある人ならご存知の通りで、彼をヴォーカリストして起用するあたり、やっぱりセラフィノ・ペルジーノ氏はわかってるなあ、と感服してしまいますね。【84点】








W.A.S.P. / REIDOLIZED - The Soundtrack To The Crimson Idol

wasp16.jpg

W.A.S.P.の最高傑作とされる1992年の名盤『THE CRIMSON IDOL』のいわゆるリ・レコーディング・アルバム。

『THE CRIMSON IDOL』は、THE WHOの名作ロック・オペラ『TOMMY』からの影響を感じさせる(こういう伊藤政則氏的な物言いが果たしてHR/HMのファンにとって魅力的に聞こえるのかどうか私には疑問なのですが)、ブラッキー・ローレス(Vo, G, Key)の体験をデフォルメして描かれる、ジョナサン・スティールというロック・スターの人生を描いたコンセプト・アルバム。

猫も杓子もコンセプト・アルバムをリリースする近年はいざ知らず、当時HR/HMバンドがコンセプト・アルバムをリリースするというのは珍しく、本作はQUEENSRYCHEの『OPERATION : MINDCRIME』(1988)、SAVATAGEの『STREETS : A ROCK OPERA』(1991)と共に、このジャンルを代表するコンセプト・アルバムの名盤として、評論家やプレスに絶賛された。

W.A.S.P.というバンドはデビュー当時、下品で野蛮な色物バンド的なイメージで売っていただけに、そんなバンドがコンセプト・アルバムという「知的な」作品を作り上げたことも、当時のHR/HMファンには驚きをもって迎えられたようだ。

前作『THE HEADLESS CHILDREN』の時点でその傾向は顕著になっていたものの、ここまで振り切った作品を作ったのは、本作が元々ブラッキー・ローレスのソロ・アルバムとして制作されていたからである。

レコード会社が「W.A.S.P.名義で出した方が売れる」と考えたことで結果としてW.A.S.P.のアルバムとしてリリースされたわけだが、そういう金儲けしか考えていないレコード会社への憤りというものも本作を制作するモチベーションのひとつだったようだ。

結果論で言えば、実際にブラッキーのソロ・アルバムとしてリリースするよりもW.A.S.P.名義で出した方が短期的にも売れたと思うし、長期的に見ても「W.A.S.P.」というブランドの寿命を延ばすことに大いに貢献することになったと思われるわけだが。

本作が素晴らしいのは、最近世に溢れる「コンセプト・アルバム」の多くが、単に楽曲はコンセプト作以外のアルバムと大差なく、歌詞だけテーマやストーリーを持たせているだけなのに対し、コンセプトを持って取り組んだからこそこういうサウンドになったと思われる所で、その音楽がそれまでの彼らの音楽より(個人的には)はるかに魅力的なものに仕上がっている所だ。

哀愁を帯びたメロディの充実、アルバム全体のみならず楽曲単位でもドラマティックに構成が練られたものが多く、それでいてアルバム全体として単なるテンポとは無関係な、謎の疾走感に満ちていて、長尺の曲やバラードを含むにもかかわらず一気に聴くことができる。

ネガティブな見方をする人は、ブラッキーのパワフルだが狭い音域に由来する歌メロのバリエーションの乏しさや、むやみやたらと手数の多いドラミングをワンパターンと評することもあるようだが、本作についてはそれがアルバムとしての統一性、本作の持つ唯一無二のオーラにつながっていると思う。

と、ここまで書いて、自分が『THE CRIMSON IDOL』のことしか語っておらず、この『REIDOLIZED』のことを何も説明していないことに気が付いた(笑)。

まず、私自身がそう思っているので、本作についてもそう思っている人たちに伝えておきたいのは、名盤の再録というのが往々にしてオリジナルの劣化コピーになりがちなのに対し、本作は少なくともガッカリさせられるようなリメイクにはなっていないということである。

年月によって一番劣化しがちなヴォーカルも衰えはほとんど感じられないし、アルバムに漲っていた緊張感や勢いも意外なほど保たれている(前のめり感やエッジは若干薄まった気もするが気になるほどではないし、トータルで見れば録音機材の進歩によって音質自体は良くなっていると言えるだろう)。

そして今回、オリジナルに6曲の新しいトラックが追加挿入されている。単なるボーナス・トラックではなく、ストーリーを補う、ちゃんとコンセプトに沿ったものである。

6曲と言っても2分に満たない小曲や単なるナレーションも含むので実質的な「新曲」は3曲だが、それらもオリジナルの『THE CRIMSON IDOL』収録曲を超えるものではないにせよ、違和感を与えることのないクオリティを備えていて一安心。

むしろ、どうせ拡張するなら『THE CRIMSON IDOL』のリリース当時シングルB面曲に回された「Phantoms In The Mirror」と「The Eulogy」も上手く流れに入れ込めばよかったのに、なぜそうしなかったのだろうか。

また、本作のリリースに合わせて、『THE CRIMSON IDOL』のリリース後、映画化を目指して数百時間分が撮影されたが、結果的にはお蔵入りとなった映像作品が商品化されているのもファンには興味深いポイント。

恐らく元々はちゃんとした「映画」にしようとしていたのではないかと思われるが、恐らくは予算の都合で、「モノローグ的なナレーション入りのイメージ映像集」のようなものに仕上がっている。特筆するような代物ではないが、決してチープではないし、ストーリーの理解補助には充分役立つ映像になっているので、ファンであれば一見の価値はある。

私は近年流行りの「アルバム完全再現ライブ」みたいなものにはあまり魅力を感じず、普通にグレイテスト・ヒッツ的なライブをやってほしいと思うタイプのリスナーですが、本作に関しては完全再現ライブを観てみたいと思いますね。

当サイト/ブログの読者さんで、私の音楽的嗜好に共感しつつ、W.A.S.P.というバンドに対して「LAメタルのバンドでしょ」と思って敬遠している方がいたら、ぜひ聴いてもらいたいアルバムです。

何しろ『THE CRIMSON IDOL』というアルバムはアメリカではチャート・インすらしなかったものの、イギリスでは最高21位を記録、その他ドイツでは最高位こそ35位ながら13週に渡ってチャート・インするロングセラーに、その他中欧・北欧でヒットした(ノルウェーでは11位まで上昇)というアルバムなので、「そういう音のアルバム」だと思っていただければ幸いです。

そしてさらに言うなら、『THE CRIMSON IDOL』はスウェーデンで最も長い歴史を持つ音楽雑誌『Close-Up』が、通算100号発売記念に選出した、1991年から2008年に発表されたHR/HM、パンク/ハードコアなども含むエクストリーム・ミュージックのベスト20アルバムの第14位にも選ばれているという、カルト的な支持を誇る名盤なのです。未聴の方はぜひ一度お試しください。