FC2ブログ

2010年代の私的ベスト・チューン15選

もう松の内も明けていますし(関東地方では)、年明け最初のエントリーというわけでもありませんが、あらためまして新年あけましておめでとうございます。

いつも読んでくださっている方は本年もよろしくお願いいたします。初めましての方は今年からよろしくお願いいたします(笑)。

今年もこのブログがお読みいただく方と自分にとって、どうすればより有益なものになるか試行錯誤しながら、無理のない範囲でやっていきたいと思ってます。

先日のエントリーで2010年代のベスト・アルバムを選出しましたが、ここではそのエントリーでは触れられなかったアルバムの楽曲を中心に、2010年代のベスト・チューンを選んでみたいと思います。

順位は付け難かったのでアーティスト名のアルファベット順で。

ARCH ENEMY "The Race" (2017)

基本、メロディックな歌ものメタルが好きな私ですが、こういうリフで力押しするアグレッシヴな楽曲も好きです。




BATTLE BEAST "Beyond The Burning Skies" (2017)

BEAST IN BLACK推しな私ではありますが、BATTLE BEAST本家も今なお楽曲が素晴らしい。このサビとか絶品です。イントロもいいですね。




BLOOD STAIN CHILD "Stargazer" (2010)

近年EDM調のメタルというのも珍しくなくなりましたが、彼らはAMARANTHEより早かったんですよ。その点はもっと評価されていいと思うんですよね。




CAIN' S OFFERING " I Will Build You A Rome" (2015)

スピード・チューンなのにハートウォーミングでホープフルな、「ウェディング・ソングに使えるメタル」。




GALNERYUS "Raise My Sword" (2015)

"Destiny"や"Angel Of Salvation"と共に、彼らが2010年に生み出したマスターピースのひとつ。アニソンみたいな歌詞だがそれがまた良い。




GYZE "Horkew" (2017)

IN FLAMESの"The Hive"にハマって以降、こういう印象的なギターのメロディが歌のバックで繰り返されるタイプのメロデスは私のツボです。




H.E.A.T "Living On The Run" (2012)

メロディといい構成といい超完成度の高い、2010年代北欧メロディアス・ハードの代表曲でしょう。




ICED EARTH "Dystopia" (2011)

この劇的なイントロ、そして勇壮なサビのコーラス、こういうメタルを私は求めている。




KREATOR "Victory Will Come" (2012)

KREATORらしい曲なのかどうかはさておき、アドレナリンを出したい時に聴くには最高の曲です。




LIV MOON "アマラントスの翼" (2011)

日本が生んだシンフォニック・メタルの神曲。この文章を書くにあたってまずこの曲がパッと思い浮かんだという意味では、私にとっての2010年代ベスト・ソングはこの曲かもしれません。歌詞含め、この曲には力付けられましたね。4:05あたりからのクライマックスで毎回鳥肌が立ちます。




SERENITY "Legacy of Tudors" (2013)

これぞ欧州ロマン。シンフォニック・メタルというスタイルであればこそ描けるドラマがここにある。フォーキッシュなメロディの導入も絶妙。




SERENITY IN MURDER "Land Of The Rising Sun" (2017)

「和」の要素を取り入れたメタルというのも珍しくないご時世ですが、最も私の琴線に触れたのはこの曲でした。お国のために命を投げ出してもいいという気持ちにさせる危険な曲です(笑)。




STRATOVARIUS "Unbreakable" (2013)

めちゃくちゃテクニシャン揃いなのに、こういう完全に歌モノな曲をやってくれるからこそSTRATOVARIUSはビッグになれたと思ってます。この哀愁…たまりません。




VERSAILLES "God Palace -Method of Inheritance-" (2010)

2010年代に発表された10分超えの曲の中で一番グッと来たのはこの曲でした。「孤独こそ永遠の愛、そう信じ生きてきた」…なんて中二病な歌詞!(笑) だがそれがいい。




WORK OF ART "The Rain" (2011)

AOR系の曲では個人的にこれがダントツでした。10年近く経った今でもコンスタントに聴きたくなります。爽快!だけどなぜだか泣きたくなるんです。




いろんな評価軸があるアルバムという単位より、こういう楽曲単位のセレクトの方が自分の感性が素直に出た、嘘のないものになる気がしますね。

これらの曲はきっと一生聴いていくことになるでしょう。2020年代もそんな特別な曲に数多く出会えるといいな、と思ってます。

それでは今年も皆さんにとって良いメタルに出会える年になりますように。

スポンサーサイト



RUSHのニール・パート(Dr)が死去

カナダを代表するバンドの一つ、RUSHのドラマーであるニール・パートが1月7日に死去しました。3年半に渡って闘病していた脳腫瘍によるものだそうです。

そのテクニカルでクリエイティブなドラム・プレイはHR/HM界隈のドラマーにも多大な影響を与え、ロック界を代表するドラマーの一人としてレジェンド化していました。

腱鞘炎の悪化で引退と聞いていたのですが、脳腫瘍を患っていたとは…。

RUSHについては私がロックを聴き始めた90年代の初めには「日本では人気のないバンド」と言われており、実際来日公演は私が小学校の時に行なわれた1984年以来、一度も行なわれませんでした。

90年代以降のRUSHのサウンドというのは、私のようなメタル者にとってストライクゾーンど真ん中!というようなものではなかったので、『BURRN!』誌上で伊藤政則氏がことあるごとにRUSHは偉大だ、と吹聴していなかったら、今よりも知名度がなかったかもしれません。

ただ、高校時代には聴いていた伊藤政則氏のラジオで何度かオンエアされていたのと、高校2年の時のクラスメートにたまたまRUSHのCDを持っている友人がいたことで、意外と私自身は早くからRUSHの音楽に親しんでいました。

ではなぜこのサイト/ブログでこれまで扱ったことがないのかというと、やはりまあHR/HMとは言い難いサウンドなのと、生半可な理解で触ってはいけない「深さ」を感じて、書く敷居が高かったから、ですね。「割と好き」くらいのテンションで迂闊なことを言えないな、と。

ライブで観ていないから、というよりは、そのくらいの中途半端な熱量のリスナーだったので、ニール・パートの死に対してもそこまでワガコト化されているわけではないというのが正直な所ですが、Twitterのトレンドで十万単位の凄い数のツイートが行なわれている様子を見て、あらためて彼らの偉大さを感じさせられました。

彼らが日本で人気がない、というのはあくまで「欧米ほどに」ということで、きっと来日公演をやれば2,000人規模のホールを埋めるくらいのことはたやすくできたのだろうと思います。

実際一度だけ行なわれた日本公演では(バンドの人気も、洋楽の人気も絶頂に近い時期だったとはいえ)武道館だったそうですし。

要するに、欧米でやれば10,000人以上のアリーナを埋めることができるのに、日本にわざわざその程度の規模のライブをやるために来る意味をバンドが見出さなかったというだけのことでしょう。

ただ、この理系インテリな感じ(?)で「親しみやすさ」とは無縁なこのバンドが欧米、特に日本人の感覚では大味なサウンドが好まれているように映るアメリカでも大人気、というのはちょっと理解しがたいものがあり、それは「欧米人は意外と懐が深くて嗜好の幅が広い」ということなのか、「実はそういう小難しそうな音楽を好む人も相当数いる」ということなのか、どっちなんだろうというのが個人的にはずっと不思議に思っています。

北米でRUSHのライブに来ている人というのが他にどんな音楽を聴いているのか、RUSHの音楽のどういう点に惹かれているのか、聴き取り調査をしてみたいくらいです(笑)。

RUSHの代表作というと一般的に"MOVING PICTURES"(1981)や"PERMANENT WAVES"(1980)、あるいは初期のハードロック色が強い"2112"(1976)(ドラえもんが生まれた年というのは偶然なのか、それとも何か元ネタがあるのでしょうか?)あたりが挙げられますが、個人的にはメロディアス・ハード的な感触がある(というかむしろニューウェーブっぽいですが)"GRACE UNDER PRESSURE"(1984)が一番のお気に入りです。

かつて『Power Rock Today』で聴いた同作収録の"Afterimage"という曲が私が最初に聴いたRUSHの曲なのですが、「Suddenly you were gone(突然あなたはいなくなってしまった)」という歌い出しで始まるこの曲は、親しかった人の死を受け容れられない気持ちを歌っているという意味で、このタイミングに相応しい楽曲なのではないかと思いました。

ニール・パートの、RUSHの大ファンとは言えない私ですが、このニュースに接してこの曲が脳裏に流れてきたため、畏れ多くもこのブログで取り上げさせてもらった次第です。

慎んでご冥福をお祈りします。



※外部リンク

故ニール・パートが辿った軌跡(Rolling Stone Japan)

ニール・パートの超絶ドラミングと世界観を味わうラッシュの12曲(Rolling Stone Japan)

2010年代のベスト・メタル・アルバムを選んでみました

以前2000年代のベストを選出した時には、2010年代のベストを選べる時期までこのブログを続けているかどうかあまり確信がありませんでしたが、(私の体感では)意外とすぐにそのタイミングが来てしまいました。

人生、歳を重ねるごとに時の流れの加速が止まりません。ジャネーの法則というやつですね。

2000年代はパワー・メタルやメタルコアなど、私が良いと思えるタイプのメタルがそれなりに人気があって、メタル・ファンやメタル・シーンにおけるトライブ/派閥の一員として存在できている感じがあり、おこがましい言い方をすれば私のセレクトがそういうトライブの意見をある種代弁できるようなものになっていると思えました。

しかし、2010年代は私が好むタイプのメタルというのは、個々のバンドや作品のレベルではともかく、シーン全体としてはかなり低調というかありていに言うと人気がなくなり、自分のセレクトはメタラーの中でもかなり少数意見というか、パーソナルな印象のものになってしまいました。

まあ、元々単なる個人ブログなのでそれでいいっちゃいいのですが、一応こういうサイト/ブログを長年やっている身として、それなりにアンテナは張って、できるだけ広くメタル・シーン全体をウォッチというかチェックしようとはしてきたので、3パターンの「2010年代ベスト」を作成してみました。

10ではなく15ずつ選んでいるのは、単に候補作が多くて絞り切れなかっただけです(笑)。

『BURRN!』誌っぽいベスト15

01. JUDAS PRIEST "FIREPOWER"(2018)
02. METALLICA "HARDWIRED... TO SELF-DESTRUCT"(2016)
03. IRON MAIDEN "THE BOOK OF SOULS"(2015)
04. MEGADETH "DYSTOPIA"(2016)
05. DREAM THEATER "DISTANCE OVER TIME"(2019)
06. SLAYER "REPENTLESS"(2015)
07. ARCH ENEMY "WAR ETERNAL"(2014)
08. MR.BIG "WHAT IF..."(2010)
09. BLACK SABBATH "13"(2013)
10. ACCEPT "STALINGRAD"(2012)
11. CARCASS "SURGICAL STEEL"(2013)
12. MOTORHEAD "BAD MAGIC"(2015)
13. ANTHRAX "WORSHIP MUSIC"(2011)
14. DEF LEPPARD "DEF LEPPARD"(2015)
15. VAN HALEN "A DIFFERENT KIND OF TRUTH"(2012)

どれも円熟したベテランならではの良いアルバムですが、ここにバンドの最高傑作と言い切れるアルバムがあるかというと、その点に弱さがありますね…。


グローバルスタンダードっぽいベスト15

01. SLIPKNOT "WE ARE NOT YOUR KIND"(2019)
02. BRING ME THE HORIZON "SEMPITERNAL"(2013)
03. TOOL "FEAR INOCULUM"(2019)
04. GOJIRA "MAGMA"(2016)
05. GHOST "MELIORA"(2016)
06. DEAFHEAVEN "SUNBATHER"(2013)
07. BEHEMOTH "THE SATANIST"(2014)
08. BARONESS "GOLD AND GRAY"(2019)
09. AMON AMARTH "JOMSVIKING"(2016)
10. AVENGED SEVENFOLD "NIGHTMARE"(2010)
11. SABATON "CAROLUS REX"(2012)
12. BABYMETAL "METAL RESISTANCE"(2016)
13. HIGH ON FIRE "ELECTRIC MESSIAH"(2018)
14. VOLBEAT "OUTLAW GENTLEMEN & SHADY LADIES"(2013)
15. BETWEEN BURIED AND ME "COMA ECLIPTIC"(2015)


2010年代以前から高い人気を誇っていたSLIPKNOTやDISTURBED、RAMMSTEINなどを超えるような存在は出て来ず、評論家やマニア筋に評価されたのはスラッジ・メタルやブラックゲイズなど、ポップ・チャートでの成功は望めないようなバンドばかりで、メタルがアンダーグラウンドに向かっていった印象の10年間でした。

アンダーグラウンドこそがメタルに相応しい、という価値観もあるとは思いますが、メタルがジャンルとして大きくなったのはアンダーグラウンドに留まらない魅力を備えたバンドが登場することでリスナー(ひいては将来のプレイヤー)の裾野が広がったからだと思っているので、やはり「入口」になるような人気バンドが出てきてほしいなあ、というのが私の希望です。


個人的ベスト15

01. BEAST IN BLACK "BERSERKER"(2017)
02. THOUSAND EYES "DAYS OF SALVATION"(2018)
03. HELLOWEEN "STRAIGHT OUT OF HELL"(2013)
04. DOLL$BOXX "DOLLS APARTMENT"(2012)
05. AVANTASIA "MOONGLOW"(2019)
06. STRATOVARIUS "NEMESIS"(2013)
07. WITHIN TEMPTATION "THE UNFORGIVING"(2010)
08. BLOOD STAIN CHILD "EPSILON"(2010)
09. CAIN’S OFFERING "STORMCROW"(2015)
10. ACCEPT "BLOOD OF THE NATIONS"(2010)
11. MYRATH "LEGACY"(2016)
12. GALNERYUS "RESURRECTION"(2010)
13. PRIMAL FEAR "RULEBREAKER"(2016)
14. Unlucky Morpheus "CHANGE OF GENERATION"(2018)
15. BLESSED BY A BROKEN HEART "FEEL THE POWER"(2012)

こういう、長い期間の中から選ぶとなると、作品の出来もさることながら、自分の記憶とどう結びついているかも選出基準に影響してきますね。

例えば、ACCEPTの"BLOOD OF THE NATIONS"を選んでいるのは、LOUD PARK10で観たライブ・パフォーマンスが人生で優に100本以上観ているライブの中でも1、2を争うほどの感動というか高揚感を得られたことに起因しています(いや、アルバム自体も強力なリフ満載の名盤ですが)。

そういう意味だとBABYMETAL、特に1stは上記のリストを超越した特別な存在ですね。あえて上記のリストには入れませんでしたが、サウンドや楽曲の良し悪しを超越した「特別枠」だとお考え下さい。

だって、2011年にWeb上で発見し、2012年に600人しか入らないO-WESTで、しかも3曲だけのイベント出演を観た彼女らを、特に追う気持ちもなかったのにROCK IN JAPAN、サマソニ、フジロック(もちろんラウパも)とフェスでどんどん大きくなっていくのを目撃し、しまいには特にメタルに興味のない会社の人に誘われて東京ドーム公演を観に行くことになり、アルバムはアメリカのビルボードで13位って、そんな「奇跡の軌跡」を目撃できたことってやっぱり超特別ですよ。 

あとは陰陽座も、2010年代に発表されたアルバムどれもが上記のリストに入ってもおかしくない傑作揃いだったと思うので、こうして本文で補足しておきます。

※関連エントリー

2000年代のベストを選んでみました

HR/HMアルバム各年代ベスト11