FC2ブログ

GRAVE DIGGER "FIELDS OF BLOOD"が5月29日リリース

gravedigger20.jpg

1980年結成ということで、今年40周年を迎えるドイツのベテラン、GRAVE DIGGERのフル・アルバムとしては通算19作目となる(DIGGER名義でリリースした"STRONGER THAN EVER"(1986)を除く)"FIELDS OF BLOOD"が『Napalm Records』から5月29日にリリースされます。

本作のテーマはスコットランドの歴史ということで、そのテーマを扱うのは"TUNES OF WAR"(1996)、"THE CLANS WILL RISE AGAIN"(2010)に続く3度目のアプローチとなります。

どちらのアルバムもファンの間で人気が高い作品だけに、今回もバグパイプを適度にフィーチュアした勇壮なメタル・サウンドが期待できることでしょう。

個人的な印象としては、スコットランドの歴史を題材にしたこれまでの2作は、彼らのカタログの中ではメロディアスでドラマティックな感触が強くて、先行公開されているMV曲を含め、今回もそういう方向性なのではないかという気がしています。

ていうか、このバンド、昨年『Evoken Fest 2019』で23年ぶりの来日を果たしたわけですが、前エントリーで取り上げたALESTORMも同じステージに立っていたわけで、しかもALESTORMはスコットランドのバンドなわけで、なんだか色々つながっていて面白いな、と思いました。

どうやら前作に続き今回も国内盤のリリースはなさそうですが…。



バラード曲にはBATTLE BEASTのノーラ・ロウヒモがゲスト参加。


スポンサーサイト



ALESTORM "CURSE OF THE CRYSTAL COCONUT"が5月29日リリース

alestorm06.jpg

前作"NO GRAVE BUT THE SEA"(2017)がアメリカのインディーズ・チャートで5位、ヒートシーカーズ・チャート(これまでTOP100入りしたことがないアーティストにフォーカスした「期待の新人チャート」)で1位を獲得、ドイツではナショナル・チャートの14位にランクインと、今最もノッてるメタル・バンドであるスコットランドの「パイレーツ・メタル」バンド、ALESTORM。

そんな彼らの最新作"CURSE OF THE CRYSTAL COCONUT"が『Napalm Records』から5月29日にリリースされます。

今回、ドイツのフォーク・メタル・バンド SUBWAY TO SALLYや、フィンランドのフォーク・メタル・バンド、FINNTROLLのメンバーなど、フォーク・メタル界隈の大御所と言っていいバンドのメンバーをゲストに招き、先行公開されているMVを観る限り相変わらずの悪ノリフォーク・メタル・サウンドを展開しています。

個人的な琴線にはあまり触れないバンドなのですが、変にお行儀よくまとまってしまいがちな昨今のメタル・バンドの中では珍しくキャラが立っているし、昨年『Evoken Fest 2019』で観たライブ・パフォーマンスはインパクト絶大で、人気が出るのは理解できます。

前作まではルビコン・ミュージックが国内盤をリリースしていたのですが、本作は今のところ日本盤のリリース情報が聞こえてきていません。

マニア受けのアーティストばかりリリースしているニッチ商売のルビコン・ミュージックがリリースしていたアーティストでは最も売れていたのではないかとさえ思われますが、今回は条件が折り合わなかったのでしょうか。契約金釣り上げられた?(笑)

というか、むしろそろそろワードレコーズあたりからリリースされてもいいくらいの存在になっていると思うのですが…。









先月公開されたライブ映像。彼らのライブは一見の価値があります。

STARGAZERY "CONSTELLATION"が5月27日(水)国内盤発売

stargazery03.jpg

BURNING POINTやGHOST MACHINERYの活動でも知られるピート・アホネン(G)と、MICHAEL SCHENKER GROUPの"TALES OF ROCK 'N' ROLL"(2006)でヴォーカリストに起用されていたヤリ・ティウラによるフィンランドのメロディック・メタル・バンド、STARGAZERYの"STARS ALIGNED"(2015)以来、5年ぶりとなる3作目のフル・アルバム"CONSTELLATION"が5月27日(水)にルビコン・ミュージックから日本盤リリースされます。

昨年2019年に、ETERNAL TEARS OF SORROWやKALMAHの初期作品でキーボードを担当していたパシ・ヒルトゥラがこのバンドに加入しており、当時彼のキーボード・ワークに心惹かれていた私としては期待が高まっていました。

そして実際先行公開されている音源を聴く限り、「オーロラの如きキーボードに包まれた」、「おぉ…これぞ北欧…」と呟いてしまうサウンドになっている感じで、これは北欧メタル・フリークとしてはマスト・バイなのではないでしょうか。