LAメタルの現実 PART 2

繰り返しますが、エントリーのタイトルはB!誌が延々とやっている企画のパロディです。

『L.A. METAL SUMMIT in TOKYO』の開催でにわかに注目が集まる(?)L.A.メタル界隈ですが、そのイベント以外にも個人的にちょっと興味を引かれるニュースが最近いくつかありました。

QUIET RIOTに『アメリカン・アイドル』出身のジェイムズ・ダービンが加入

シングル「Cum On Feel The Noise」およびアルバム『METAL HEALTH 』の大ヒットによってL.A.メタル勃興の嚆矢となったQUIET RIOTは、何度かのリユニオンと度重なるメンバー・チェンジを経て、オリジナル・シンガーであったケヴィン・ダブロウが2007年に死去して以降もドラマーのフランキー・バネリを中心に細々と活動を続けていました。

2013年から2016年まではジジィ・パール(元LOVE/HATE、L.A. GUNSやRATTにも一時在籍)がこのバンドのフロントマンを務めていたわけですが、昨年末、ショーン・ニコルズという、元GUNS N' ROSESのドラマー、スティーヴン・アドラー率いるADLER'S APPETITEに在籍していたことがあるというヴォーカリストに交代し、この4月に『ROAD RAGE』という新作を発表することになっていました。

しかし先日、昨年末に加入したばかりだというのにそのショーン・ニコルズから、人気番組『アメリカン・アイドル』でファイナリスト(4位)になったことで話題になったジェイムズ・ダービンが加入、そしてレコーディングが終わっていた新作『ROAD RAGE』をジェイムズ・ダービンのヴォーカルで録り直すということで、リリースを夏まで延期するというニュースが発表されました。

ジェイムズ・ダービンもデビュー直後こそ多少話題になりましたが、その後は正直鳴かず飛ばずに近い状態とはいえ、なぜQUIET RIOTなどという、彼とは全く世代の違う、言っちゃ悪いですが落ち目のバンドに加入することになったのでしょうか。

まあ、QUIET RIOT側としては、オリジナル・シンガーがもはやこの世にいない現状においては、あとはフロントマンに求めるのは実力と話題性だけだと思いますので、ジェイムズ・ダービンみたいな有名人が加入してくれるという話はウェルカムでしょう。ショーン・ニコルズが本当に「一緒にライヴを行った後に上手くいっていないと感じ、クリエイティブな面などでも相違があったため」脱退したのか、ジェイムズ・ダービンが加入することになったためにクビにされたのか、その辺がやや気になる所です。

そんなわけでわずか数ヶ月でQUIET RIOTを去ることになったショーン・ニコルズ氏が加入したのが、元RATTのボビー・ブロッツァーが「RATT」というバンド名の使用権をウォーレン・デ・マルティーニを中心とした他のメンバーと争って裁判で負けたBOBBY BLOTZER'S RATT EXPERIENCEというのが何とも…。

スティーヴン・アドラーのADLER'S APPETITE、フランキー・バネリのQUIET RIOT、そしてボビー・ブロッツァーのBOBBY BLOTZER'S RATT EXPERIENCEと、それぞれのドラマーが昔在籍していた知名度のあるバンドのいわば「トリビュート・バンド」御用達のヴォーカリストって感じです(QUIET RIOTは一応「本家」ですが、もはやスティーヴン・アドラーやボビー・ブロッツァーのバンドと実態は変わらないでしょう)。

そういう意味ではQUIET RIOTにおける「前任シンガー」だったジジィ・パールもL.A.GUNSにRATT、QUIET RIOTと(しかもADLER'S APPETITEにも参加していた時期がある)、「そういうキャリア」の持ち主だったので、この人の人生もそういうものなんだろうなあ、と思うと、島倉千代子の「人生いろいろ」という曲名が頭をよぎります(笑)。

この手の「トリビュート・バンド」もアメリカでは田舎をドサ回りすればとりあえず食えるからこういう「昔の名前で出ています」的な活動が続いているのでしょうが、日本だとフロントマンが重視されるので、絶対来日できないんですよね…。ジジィ・パールが歌っていた時代のそれらのバンドはもちろん、ジョン・サイクスが歌っていたTHIN LIZZYなんかも欧米では結構お客さんを集めていたようですが、(1996年から2009年まで13年間もやっていたにもかかわらず)結局日本には来なかったですし(まあ、新作を作っていない、という事情もありますが)。

件の『L.A. METAL SUMMIT in TOKYO』も、ヴィンス・ニールやトム・キーファー、セバスチャン・バックという「フロントマン」は呼んでも、この手のトリビュート・バンド的な人たちは呼ばないですもんね。日本人はやはり「歌手」重視の国民なのだと思います。

まあ、いち日本人として考えて、サザンオールスターズやミスチルやラルクが「ヴォーカリスト替えて活動を続けます」といってもファンがついてくる気がしないですもんね。メジャー・バンドで曲りなりにもそれをやったのってWANDSくらいですが、やっぱり長続きしませんでしたね。

※ニュースソース
http://amass.jp/85582/


W.A.S.P.が『THE CRIMSON IDOL』25周年ツアーを発表

W.A.S.P.が1992年に発表した5thアルバム『THE CRIMSON IDOL』は欧州で高い人気を持つクラシック・アルバムということもあり、同作の発表から四半世紀、25周年を迎えた今年、DVD映像作品の制作と共にリレコーディングされ、ヨーロッパでアニバーサリー・ツアーが行なわれるそうです。

正直、リレコーディングものに満足できた試しがほとんどない(というかむしろ失望させられることが多い)ので、再録盤には期待していないのですが、「完全再現+グレイテスト・ヒッツ」というライブには(近年ありがちな企画ながら)ちょっと心惹かれます。

日本でも同作は結構評価高かったと思うのですが、近年の彼らの人気を考えると単独での来日は難しいですかねえ…。

てか、今ちょっと調べてみたら近年のライブではランディ・ブラック(元ANNIHILATOR, PRIMAL FEAR)がドラム叩いてるのか。となると、それも含めて観てみたいですね。

※ニュースソース
http://www.blabbermouth.net/news/wasp-announces-re-idolized-the-25th-anniversary-of-the-crimson-idol-european-tour/

LAメタルの現実 PART 1

エントリーのタイトルはB!誌が延々とやっている企画のパロディです。

先日、『L.A. METAL SUMMIT in TOKYO』なるうさんくさいイベントが発表されました。
プロモーターであるLive Nation Japanのサイトから引用すると以下のような概要。

2017年5月13日(土) ・14日(日)
幕張メッセイベントホール

5/13(土): 開場13:00 / 開演14:00
5/14(日): 開場12:00 / 開演13:00

【出演アーティスト】
<5/13>
Vince Neil of Mötley Crüe
Cinderella’s Tom Keifer
L.A. GUNS
(Featuring Phil Lewis, Tracii Guns)
Faster Pussycat
and more

<5/14>
RATT
(featuring Stephen Pearcy(Vo), Warren DeMartini(G), Juan Croucier(B), Carlos Cavazo(G))
Sebastian Bach
Slaughter
Enuff Z' nuff
and more

チケット料金(各日):
[1Dayチケット] SS: ¥20,000 (オールエリア) / S: ¥12,000 (センターブロック以外)
[2Daysチケット] S: ¥22,000 (センターブロック以外) (数量限定)

…いちいち「of Mötley Crüe」とか「Cinderella’s」とか、注釈をつけなくてはならないのが哀しい。
RATTやL.A.GUNSなども、メンバーが誰なのか説明しなくてはならないのも切ない。
てかヴィンス・ニールやトム・キーファーのバック・バンドは誰なんだ。

開催までほぼ2ヶ月前という急な告知、かつこの微妙なメンツで9,000人収容の幕張メッセイベントホールが果たして埋まるのか。

伊藤政則氏のラジオによると今後は国内バンドの追加しかないという話で、そもそも現在発表されているアーティストもLA出身ではない方々が多数含まれているのに、国内のバンドまで追加されるとしたら、もはやこのイベントを「LAメタルサミット」と呼んでいいのかどうかも危ぶまれる、何ともスリリングなイベントになっています。

しかも2日間ともステージ正面最前列で観たければ両日で40,000円と、そこだけ考えるとLOUD PARK以上という強気な価格設定。

まあ、これは私のような後追いではなく、当時リアルタイムで熱狂した人たちのノスタルジーのために企画されたイベントだと思いますので、私がとやかく言うのは野暮というものでしょう。

ヴィンス・ニールとRATTに関しては、それぞれサポートを1バンドずつ付けて大阪公演、名古屋公演も行なわれるそうです。


◆プロモーターの公式サイト
https://www.livenation.co.jp/festival/l-a-metal-summit-in-tokyo-tickets

◆BARKSのニュース
https://www.barks.jp/news/?id=1000139410

BURRN! 17年4月号メモ

burrn1703.jpg

一昨年昨年と、この雑誌の感想を書くことはやめていましたが、記録用に読者人気投票の結果だけは残しておこうとメモっていました。

もはや総投票数を聞いたら相当お寒いことになりそうなこの投票にどれだけの価値があるかわかりませんが、それでも日本において一定以上の人数によって選ばれたHR/HMに関する年間ランキングってこれだけだと思いますしね。

というわけで読者人気投票の結果は以下の通り。

ベスト・グループ:IRON MAIDEN
ベスト・ヴォーカリスト:ブルース・ディッキンソン(IRON MAIDEN)
ベスト・ギタリスト:マイケル・シェンカー(MICHAEL SCHENKER'S TEMPLE OF ROCK)
ベスト・ベーシスト:スティーブ・ハリス(IRON MAIDEN)
ベスト・ドラマー:ミッキー・ディー(SCORPIONS)
ベスト・キーボーディスト:イェンス・ヨハンソン(STRATOVARIUS/CAIN'S OFFERING/RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW)
ブライテスト・ホープ:SONS OF TEXAS
シャイニング・スター:ニッキー・シックス(SIX:A.M.)
ソングライター:JAMES HETFIELD/LARS ULRICH(METALLICA)
ライブ・パフォーマンス:IRON MAIDEN
ベスト・アルバム:METALLICA「HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT」
ベスト・チューン:METALLICA「Hardwired」
アルバム・カヴァー:MEGADETH「DYSTOPIA」
DVD/Blu-ray:MOTLEY CRUE「THE END」

予想通り、ベスト・アルバムはMETALLICAとMEGADETHのワン・ツー・フィニッシュでした。

というかあらゆる部門が予想通り過ぎてなんというか。
編集部員が推しているBE THE WOLFとか嬢メタル・バンドがちょいちょいランクインしているあたりも含めて、もはや(ある程度投票を参照しつつ)編集部で補正(捏造?)しているのではと疑いたくなるレベルです(笑)。

ベスト・グループは昨年は新作、今年は来日公演ということでIRON MAIDENが連覇ですし、プレイヤー部門も半分以上昨年と同じ。

マイケル・シェンカーが「MICHAEL SCHENKER FEST」というイベントの効果か、意外にも初の(彼の人気絶頂期にはまだ『BURRN!』が創刊されていなかったため)ベスト・ギタリストに選ばれているが、まあ「今さら?」って観は否めず。

ベスト・アルバムの1位から5位がMETALLICA、MEGADETH、DIZZY MIZZ LIZZY、BON JOVI、DREAM THEATERという恐ろしいほどの保守性もさることながら、ベスト・チューンのうち3曲がMETALLICA、2曲がBON JOVI、2曲がDIZZY MIZZ LIZZYということで、実質6アーティストの曲しか選ばれていないというあたり、これに投票している人たちが一体昨年何枚の新譜を聴いているのか知るのがちょっと怖いです(苦笑)。

せめて1部門で複数候補を選べるようにしないと多様性が確保できない投票者数になっているのではないでしょうか。

ただDIZZY MIZZ LIZZYに関しては大健闘ですね。そんなにこの雑誌の読者好みのサウンドだとは思えないのですが、とりあえずLOUD PARKでのパフォーマンスは私も良かったと思いますし、新譜も何しろ20年ぶり(!)ですし、ファンとしては「ここで投票せずにいつ投票するのだ」という気分だったことでしょう。

記事自体は正直流し読みしかしてないのですが、先月号(METALLICA韓国公演のレポート)に続き、GUNS N' ROSESの来日公演のレポートで、サポート・アクトとして出演したBABYMETALのライブ・レポートが一応ちゃんと掲載されている(そして上記の読者投票にもアルバム部門で『METAL RESISTANCE』が、DVD/Blu-ray部門で『LIVE AT WEMBLEY』がランクインしている)のが、この雑誌なりに時代に「譲歩」したのかな、と(笑)。

昨年に続き、X JAPANネタ(映画『WE ARE X』)がニュース欄で取り上げられているのも、この雑誌の一種の「軟化」を表しているのかもしれません。

とはいえ、この雑誌についてはもはやIRON MAIDENをベスト・グループに選び、METALLICAやBON JOVIのアルバムに最高傑作だとは思っていなくても票を投じるような人たちと心中するしかないんだろうなあ、って気がしますけどね。

とりあえず今月レビューされているアルバムで私が購入予定(あるいは既に購入済み)なのはANCESTRAL DAWNとGYZEとONE DESIREの3枚です。